【図解】You Tubeのカード機能の活用方法|チャンネル登録者数や再生回数を増やす効果的なタイミングとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeはただ動画が表示できて視聴できるものというだけでなく広告を動画がはじまる前に表示をしたり動画の下部に表示ができたり動画をただ視聴するだけのものではなくありとあらゆる使い方ができます。

これは動画投稿者も一緒でただ動画をアップして視聴してもらうだけ。

そして・・・広告収入を増やす。

というものだけではありません。

その代表例がアノテーション機能ですね。

これは動画内に表示したい画像やテキストを好きなタイミングで表示をすることができる機能で、この機能を上手に使うことでLPに誘導して商品を販売したりアフィリエイトしたり、メルマガに登録してもらったりして売上をあげていた人も結構いました。

もちろん!チャンネル登録者を増やすこともできたのです。

が、現在このアノテーション編集機能は廃止されてしまいました・・

これによって売り上げが一気に低下した方もYouTubeチャンネルの増加が激減した方もかなりいると報告をうけています。

残念ですね。

しかし、その代わりにカードや終了画面の機能が追加されました。

が、やはりアノテーションほどの訴求力はないと結構困った方もいるみたいです。

でも、ないものに愚痴愚痴言っても仕方ありません。

実際、アノテーション機能が廃止になってから動画の閲覧を邪魔する表示がなくなり視聴者視点で見れば非常に不快な動画も減ったのも事実ですからね。

つまり、これからは、動画そのものの設定の仕方を重要視しながらも、カードと終了画面を有効活用していかなければいけません。

そこでここでは!

YouTubeカードの設定の仕方とユーザー視点で見た際の最も効果的なYouTubeカードの効果的なな活用方法について解説をしていこうかと思います。

1.YouTubeカードとはどういうものか

そもそもYouTubeカードって何か?というと、たぶんYouTubeの動画を見たことがある人はチラッと目にしたことはあると思いますが、下の右側のキャプチャー画像の赤枠のところですね。

なんとなくでも見たことがあると思います。

基本的には設定した時間外は左側の赤枠の(!)の部分をクリックするとカードが表示されます。で、このカードは1つの動画の中で最大5枚まで任意のタイミングで設定することができきるのです。

それでですね。

設定した時間外は(!)で表示されますが時間内は

ティーザーというのが表示されます。つまり、、、

・!(設定時間外)
・ティーザー(設定時間内)

をクリックすることで、カードが表示されます。
PCではなくスマホの場合は以下のように表示されます。

まずは、用語ではなくそれぞれの表示を覚えておいてください。

そしてこのカードには主に4種類存在します。

 

リンクカード
ビジネスとしてYouTubeを活用しようとしている方や他の媒体にアクセスを集めるためにYouTubeを活用している方が最も使うのがこのリンクカードです。リンクカードは自分が好きなウェブサイトにリンクをすることができる機能で(YouTube側の承認が必要)動画終了後にLPやブログなどにアクセスをしてもらうことができます。

チャンネルカード
あなたのユーチューブのチャンネル登録・あなたが紹介したいYouTubeチャンネルに誘導することができます。

動画カードor再生リストカード
次に見てほしい動画や再生リスト、また最新アップロード動画を自動的に表示することができ再生を促すことができます。

アンケートカード
これは終了画面でなく動画視聴中にアンケートをとることができます。5つの選択肢を提示することができ、YouTubeアカウントにログインしているユーザーならば回答できます。

 

見て貰えばわかりますが、実をいうとこのカードですが、僕は視聴者側になった時には動画を見るよりも聴くほうが多いのでほとんど目に入りません(笑)

たとえ、しっかりと動画を視聴しているユーザーの場合でもやはり目につきにくいです、

アノテーションに比べちゃうとどうしても目立たないため、使い方・使いどころが非常に重要になってくるかなと思います。

 

2.カード機能の効果的な使い方

では、一体このカード機能をどうやって活用していけばいいのか?これはあなた次第でいくらでも使いどころがあるのですが、アノテーションと違っていつでも好きな時に好きなだけ好きな場所に好きなように表示することができないので

・表示するタイミング
・表示するキャッチコピー

がまずは重要になってきますね。

で、これは、YouTubeチャンネルを宣伝し再生回数を爆発させる7つの方法の記事でも言いましたが動画の内容がただの情報発信の場合は、

・最初の導入が終わった後。
・動画の終了間際

が最もクリックされやすいタイミングなのでこのタイミングでカードをいれるのが基本です。

では、それを含めてこのカード機能の効果的な使い方のポイントをシェアしていきましょう。

 

2-1.動画内でクリックを誘導する

先ほども言ったように、非常に目立たないもので数秒しかテキストを表示できないのでただ単に表示をしてもクリック誘導は非常に難しいです。そのため、最もおススメなのがカードをクリック誘導に使うというよりも、誘導は動画そのものでしてカードはクリックするのを楽にしてあげるために使うのが最も効果的です。

例えば、動画内でなんらかの商品に誘導する時
「この商品にかんしてもっと詳しくしりたいのならば右上のアイコンか動画説明文のURLをクリックしてくださいね。」
という一言をいれてその時にカードを表示する。

とかは典型的な使い方かなと思います。

他にも動画に矢印をいれてティーザーを目立たせるとかもできるはずです。

ただ、この場合は先ほどのスマホとPCの表示位置が違うように環境によって表示位置が変わる場合があるので注意が必要ですがやることは可能です。

 

2-2.閲覧を判断させる

先ほどの方法は最も典型的です。カード機能にアノテーションほどの効果が見込めないのならば動画のほうにアノテーションの効果をもたせてしまってカードに誘導するという考え方です。

ただ、そのためには動画内容そのものにカードをクリックしてもらうように動画内で誘導できるかどうかがクリック率を決定するはずです。

ただもう一つ使えるのが、

視聴を続けるか?やめるか?のタイミング

でも効果もあります。これは先ほどもいいましたが、最も典型的なのが最初の導入のところが最もベターかなと思います。最初にどういった動画内容かがわかるタイミングで大体の人は戻るボタンや✖️ボタンをクリックします。

このタイミングで違う魅力的なタイトルの動画などをシェアしたりするなども効果は薄いですけど効果的です。あえて、「●●の方はこの動画は閲覧せず上のボタンをクリックしてください。」とか言っちゃってもいいですね。

 

2-3.ティーザーにいれるコピーを工夫する

ティーザーにいれるコピーはカードを見てもらうために非常に重要です。これがあまりにズレてしまうとクリックされませんのでコピーは工夫しましょう。

最も典型的なのが
・してほしいアクションを書く
というものです。

どういうものかというと、
「●●は今すぐコチラをクリック!」
というようにクリックすることを提示するものです。

ただ、これは動画内容を関連していないとクリック率は低下してしまう可能性があります。

「チャンネル登録はコチラをクリック!」
くらいならば別にいいですけどね。

なので、ティーザーに「今まで明かさなかった●●の秘密とは?」みたいな疑問を投げかけるものや「衝撃!実は●●は●●だった!」というようなニュース系のコピーを使ったりするなど工夫をして動画の適したコピーをいれるのもありです。

 

2-4.カードの画像を考える

もちろん、ティーザーも工夫をするのもいいですがカード自体の画像やコピーも工夫をしたほうがいいです。ティーザーはクリックしてカードを見てもらうためにありますので強烈でインパクトがあるものがいいですがカードは次にしてほしいアクションのためにコピーを考える必要があります。

二段階クリックみたいなものだからアノテーションより人気はないのですが、だからといってカードに力をいれないのはあまりおススメしません。

カードもティーザーと同じ原理でコピーを書けばいいです。

大事なのはティーザーとの組み合わせなのでしっかりと考えましょう。どちらかというとカード画面では画像に力をいれるほうに力をいれるのがいいです。

ティーザーの文章を表現する画像を考えてください。

2-5.カードをいれすぎないようにする

つまり、カードを利用するときは、タイミング・コピー・画像のこの3つを意識することが基本であとは画像でいかにカードに誘導をするのかを考えるのが王道的な方法になります。

ただ、だからってあれやこれやをカードをいれるのはやめたほうがいいです。

5枚設定できるからってあれもこれも使おうとするのではなく、適切な部分に入れるだけで必要ないのならば1枚でもいいのです。

1分の動画にカード5枚もいりませんよね。

個人的にはカードはチャンネル登録者を増やすためにつかうのがベターだと思ってます。それいがいは動画内容に合わせていれていくのがいいかなと。

ただ、考えようによっては

・アンケートカードでうまく誘導しておいて
・その後に外部リンクに移動するカードをいれる

とか

連続して外部リンクやチャンネル登録のカードを表示する。

とかも不可能ではありません。

ここはあなたのさじ加減でいかようにも使いこなせるのですが、基本的には必要なところで必要なカードをいれるのが基本です。

 

・・・以上、ちょっとした裏技もいれましたがこの5つのポイントを外さないようにカードを設定してもらえれば効果的にその威力を発揮することもできるはずです。

 

 

3.【図解】YouTubeカード機能の設定方法

さて、最後にYouTubeカード機能の設定の方法について図解でやり方を解説していきますので、まずはいかのとおりにやってみてください。

それほど難しくはないのでそのままやってもらえればカードは設置できるはずです。

3-1.クリエーターツールにログイン

ログインするとダッシュボードが表示されます。

3-2.動画の管理から編集

動画の管理もしくはダッシュボードから、カードをつけたい画像を選んで▼をクリックします

 

3-3.カードをクリック

3-4.カードを追加

カードを追加をクリックそうするとカードの種類が選べます

・動画または再生リスト
・チャンネル
・アンケート
・リンク

この4つから選びます。

 

3-4-1.動画または再生リスト

自分もしくは他人の動画や再生リストをカード機能に付け加える。


「作成」ボタンをクリックする。

出したい動画を選ぶかURLを入力して「カードを作成」をクリックする。

移動させたら、最後に「変更を保存」をクリックする。


このようにお知らせが出ます。
そしてiの白いまるをクリックすると

このようにカードがでてきます


3-4-2.チャンネル

自分が運営してる他のチャンネルや、他のチャンネルを紹介したい時

チャンネル部分にある「作成」ボタンをクリックする。

今回は試しに「ヒカキン」さんのチャンネルを紹介してみましょう。

ヒカキンさんのユーザー名もしくはURLを入力し
メッセージを入力しましょう。

「カードを作成」をクリック

このように出ます。
こちらもまた、表示させたいところにバーを移動させてください。

ちなみにどんなカードが表示されるかというとこんな感じです。

3-4-3.アンケート

アンケートがとれる

アンケートの部分にある「作成」をクリックする。

取りたいアンケート内容を入力して
「カードを作成」をクリック


このようにアンケートを出したい位置に移動させます。

 

ちなみにカードはこんな感じで表示されます。

 

 

 

 

さいごに

さて、いかがでしたでしょうか?見て貰えばわかるようにカード機能はアノテーションほどの効果はありませんが使い方次第ではその効果を発揮することも不可能ではありません。

ただ・・・どちらかというと終了画面のほうが重要です。

なので優先順位で考えると

カード機能<終了画面

に力を入れることをオススメします。終了画面に関しては【図解】You Tubeの終了画面の適切な設定方法の記事でも具体的な設定方法に関して解説しているのでご覧になってください。

その上でカードを活用してもらえればいいかなと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1日30分You tube動画をUPするだけで
1ヶ月半後に10万稼がせた方法

aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa


無料e-bookはコチラをクリック

Comment form

*

【無料】Youtubeで10万稼がせた手順
月10万のお小遣いをYouTube動画で稼ぐ方法7STEP
Youtube人気記事
10万稼がせた7つの手順