SEO効果抜群のGoogleマップの埋め込み方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント会場の案内、旅行のジャーナルなど、観光マップなど記事内に地図を埋め込みたい!そんなときに役に立つのがGoogleマップです。

Googleマップがあることで、サイトのユーザビリティが向上し、サイトの評価があがります。またソーシャルメディアで拡散してもらえる可能性も高まります。

しかし記事内に地図を入れたい。と思っていてもやり方が分からずに悩んでしまうことはありませんか。

私もそうでした。でも、ハッキリ言って簡単です。

慣れれば5分でできるようになるし、人に見せるときもわかりやすく場所を伝えられるでしょう。

結果的にSEO効果もあげることが出来ます。

と、その前にプラグインTinyMCE Advancedをインストールし有効化しておきましょう。

1、Googleマップで場所を検索してみよう

まずは、Googleマップで表示したい場所を検索しましょう。

検索窓に場所を入力することで表示されます。いつも使っているのと同じやり方です。

今回は例として東京スカイツリーを検索してみました。

googlemap,検索

2、Googleマップの埋め込みコードの取得しよう

googlemap,埋め込みコード,取得

Googleマップで表示したい場所を検索し、表示されたら左上の鎖アイコンをクリック。

そのなかの「ウェブサイトへの地図の埋め込み用HTMLコード」を選択し、コピーします。

(画像サイズを変更するには、HTML内のwidthとheight値を変えることで変更できます。)

3、地図を記事に挿入しよう

地図を記事に挿入

では、記事に地図を埋め込んでいきましょう。まず、挿入箇所にカーソルをあわせます。

その状態で、「挿入」→「動画を挿入」をクリックします。

地図を記事に挿入しよう

すると、埋め込むの画面がでてきます。さきほどの埋め込みコードをペーストして貼付けてOKを押しましょう。

地図を記事に挿入

地図を記事に挿入

これで埋め込みが完了です。記事投稿画面では、このように表示されます。

プレビュー表示では、表示されませんが、公開すれば表示されます。

プレビュー表示では、表示されませんが、公開すれば表示されます。

地図を記事に挿入しよう

以上が、ワードプレスに地図を埋め込む方法でした。地図があるとないとでは、ユーザーの受ける印象が大きく変わるので使えるところではどんどん使いましょう。

とくに、お店をやっている場合やセミナーで集客をしたい場合はあるだけでリアルにお客さんに気てもらえるのでうまく使うといいでしょう。

どの地図であれやり方は同じですので、何度もやってサクサクできるようになっていきましょう。

そして、ユーザビリティを高めSEO 上位表示を目指していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment form

*