[図解]WordPressリンクの正しい挿入方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
wordpress,リンク,挿入

自分の他の記事の紐づけや外部サイトの紹介・・はたまたアフィリエイトでの紹介などなどWordpressサイトを運営するとリンクは必ず設定をするはずです。

設定自体は非常に簡単ですがその方法を図解で解説すると同時に

SEOを考慮に入れたリンクの設定の仕方とリンクを管理

をする方法までWordpressのリンク全般についてここでは解説をしていきます。

1.通常のリンクの貼り方

まず、手早くリンクをする際にはこれから紹介するやり方でいいと思います。特にWordpressサイト内でのリンクをするときにはこのリンクのやり方が最も早いです。

投稿画面でビジュアルエディターを開きリンクをしたいテキストや画像を選択した状態でリンクのアイコンをクリックすることで設定をすることができます。

 

ACTION

① 投稿画面を開く
② リンクしたいテキストor画像を選択する
③ ビジュアルエディターのリンクアイコンをクリックする

すると、下記のようにURLを挿入できるフォームがポップアップで表示されますので、そのフォームにリンク先のURLを挿入してください。

ACTION

① フォームにリンク先のURLを入力する
② 適応のボタンをクリックする

これでリンクを挿入することができます。

これが最も簡単にリンクを挿入する方法でサイト内部にリンクを貼る場合はこれでいいのですが、この方法だと外部のサイトにリンクを貼る際にはSEOを考慮にいれた設定などができなかったりするのでその場合は以下のリンクの設定を実践してください。

2.SEOを考慮にいれたリンクの設定方法

SEOの中でもGoogleのガイドラインに引っ掛かり手動ペナルティーになりえSEOのランキングを決定する上でも重要なリンクですが、先ほどのようにリンクを貼っていたらSEOの効果を半減しかねないので詳細の設定をしていきましょう。

と、言いたいところですがたぶん多くの方はビジュアルエディターにTiny MCE Advancedのプラグインを使っていると思うので、その場合は【設定】→「TinyMCE Advanced」をクリックし、下の方へスクロールすると下記のように「設定」の項目が出てくるので「□代替リンクダイアログ」にチェックをいれておきましょう。

これを設定するとリンクアイコンをクリックした時の表示が以下のように変わります。

リンクしたいテキストや画像を選択してリンクアイコンをクリックすると、リンクの挿入の設定ができる画面がポップアップで表示されます。

ACTION

① リンクをしたいテキストや画像を囲う
② リンクアイコンをクリックする

先ほどとは違いますよね。ただ原理的には一緒で基本的にはURLを入力して【OK】ボタンをクリックするだけでリンクが挿入することができます。

が、ここでは更に詳細の設定をすることができます。

まずはそれぞれの項目を理解しておきましょう。

URL
リンク先のURLを入力してください。

タイトル
リンクテキストとは別にリンクのタイトルを設定することができます。これはリンクテキストが「コチラをクリック」の際やボタン画像などを使ってる場合に設定しておくことをオススメします。(基本的にはリンク先のページタイトルを入力します。)

Rel
ここでは「なし」と「Nofollow」を選択することができます。基本的には「なし」でいいですが、Nofollowを設定すると検索ロボット(クローラー)が巡回しなくなりますのでアフィリエイトリンクや外部リンクでもリンクをたどってほしくない場合に設定をします。

リンクターゲット
リンクターゲットは「なし」と「新規ウインドウ」が選択できますが、サイト内のリンクの場合は基本的に「なし」で、「新規ウィンドウ」の場合は新しいウィンドウが開くので2画面で見てほしい場合や外部サイトを紹介する時などに設定をしましょう。

多少SEOを勉強されている方ならばおわかりかと思いますがこの設定は非常に重要です。

例えば、

・アフィリエイトリンクの場合
リンクを送る必要性がないので「Nofollow」戻るボタンをクリックさせない為に「新規ウィンドウ」

・ただ引用で外部サイトを紹介する場合
リンクを送ったほうがいいので「なし」戻るボタンをクリックして戻れるように「なし」

・自分の記事より見てほしいサイトがある場合
リンクを送ったほうがいいので「なし」戻らなくていいので「新規ウィンドウ」

というように設定をしてもありですね。

Relの設定は非常に重要ですが、リンクターゲットはあなたの考え方次第なのでこのようにルールを作っておくと非常に便利です。

あとは画像の際にはリンクタイトルを必ずつけるようにしましょう。

以上の設定が完了したらOKボタンをクリックすればリンクが挿入されますのでご確認ください。

3.リンクボタンを作るのなら“Shortcodes Ultimate”

<画像:https://ja.wordpress.org/plugins/shortcodes-ultimate/>

先ほどもチラッっと話しましたがリンクはテキストだけでなく画像などでもできますが、ブログを運営しているとボタンのリンクもよく使うと思います。

どうしてもクリックしてほしいリンクなどはボタンを使ったほうがいいですね。

しかし、ボタンは

・CSSやHTMLでオリジナルボタンを作るか
・画像でボタンを作るか

の2パターンしかありません。更に言ってしまえば現在はスマホ表示を考慮してリンクボタンはCSSで設定をしてHTMLで挿入をしないといなくなり多少の勉強が必要になるので初心者には難しいです。

そこでオススメするのはShortcodes Ultimateというプラグインです。

このプラグインを導入すると下記のようなサイズのボタンを簡単に作ることができます。

更に、色も変えられます。

このようにいろんなボタンを簡単に挿入することができます。下記の動画はShortcodes Ultimateのプラグインを使ってる動画なので参考にしてみてください。

このプラグインを使えばリンクもより快適に使うことができるはずなので初心者の方はこのプラグインを挿入しもいいでしょう。

リンク切れにご注意を

リンクはSEOの上でも非常に重要な設定項目なのでリンク先に応じてあなたなりに設定をしてください。何度も言いますがRelの設定なので必ず設定をしておきましょう。

ただ、リンクをあらゆる記事に貼るとリンク切れを起こすようになるので、broken link checkerのプラグインは必ず導入しておいてください。このプラグインの導入から設定方法までは、Broken link checkerプラグインのインストールの記事で紹介しているので興味があれば合わせてごらんになってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment form

*