SEO検索順位を正確に調査する為の2種の無料ツールの使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブサイトを本気で運営しSEOで上位表示をする過程で検索順位をチェックをすることは非常に重要です。

ただ、

「うぉー!今何位だ!?」

なんてやってても

「さがったぁ・・・オチタ(汗)」
「あがったぁ!やったぁ!」

と検索順位にモチベーションを左右されるだけでは意味がありません。

もちろんSEOを考える上で検索順位の上下をチェックする事は確かに大事なことですが、ただ単にチェクをしても仕方ありません。

あくまで、本気でWEBサイトを運営をするのならば大事なのは上位表示をすることです。

決してモチベを左右されるためだけに検索順位をチェックしても仕方ありません。

そこで、ここでは検索順位をチェックするツールだけでなく、そのツールを最大限活用し上位表示に近づけるための方法までをステップバイステップで解説をしていきたいとおもいます。

 

1.検索順位チェックだけならGRC

WEBサイトを継続的・安定的に集客できるメディアを構築するためには、SEOからの集客は必須と言えます。

バズなどの爆発的なアクセスを増やす事も確かにありますが、あくまでWEBサイトの集客の基本はSEOですし僕が運営している数あるサイトも検索からの流入が総計すると8割です。

毎回起こすのは簡単ではないし、結構大きなSNSメディアをもってるかすでに検索流入経路を構築しておく必要があります。

それでもバズはボーナストレードみたいなもの。

やはり運もあります。

そうやって考えると検索順位をあげてSEOの評価を高める事はWEBサイトの集客のための基盤であり最低限クリアしておかないといけません。

だからこそ、検索順位は気にかけたほうがいいです。

SEOからの検索流入ができるようになると下記のように

一度作ったコンテンツが上位表示されれば何年にも渡り集客をしてくれるようになります。

そして、そのためには検索順位を上げることが必須になりますね。

だからこそ検索順位は知っておいたほうがいい。

のは確かです。

僕自身もある程度アクセスが安定するまでは検索順位をチェックはしてました。
そこで、使えるのが「GRC(Google Rank Checker)」というツールです。

Google Rank Checker

 

大型検索エンジンであるGoogle・Yahoo!・Bingの3つの検索エンジンの順位をチェックしてくれるインストール型のツールです。

このGRCをインストールして起動をするとあなたが狙ったキーワードを登録するだけで、ツールが毎日検索エンジンの順位をチェックしてくれて表やグラフで表示をしてくれます。

左側で順位変動をグラフ化してくれていて、右側で順位を日にちごとに表で表示してくれているので、キーワード毎の順位の上下を一目で知ることができます。

下記を見て貰えばわかると思いますが

 

 

1つ1つのキーワードor記事をチェックすることには向きませんが、このツールは特にサイト全体の検索順位を網羅的にチェックしやすいです。

もちろん1つずつチェックをすることもできますが全体の方が使いやすいです。

例えば、

このグラフは、一気に順位が劇的に低下したグラフの例ですが、全体のランキングが下がるのにはサイト全体の設定のなにか?に問題がある可能性があります。

Googleだけ!とかならば検索エンジンになんらかの変動がある可能性がありますが、(ナマズを見ればGoogleの変動はチェックできます。)サイト全体の変動となると必ずサイト内になんらかの問題がある可能性があります。

例えば、

テンプレートを変えた。
無関係なコンテンツを複数連続で投稿した。
低品質なページの増加

などなどサイト全体の順位を決定づける問題に対処することができるようになります。ただ、そのためには「全体の順位が低下していること」を知らないと始まりません。そのためにもこのGRCは有効活用したほうがいいです。

 

2.狙ったキーワードと全体の順位だけしか調査できない。

ただ、このツールは「現状のサイトの状態」だけしか知ることができません。

実際に使って貰えばわかるように・・・

・キーワード毎のあなたの記事の順位
・サイト全体の登録したキーワード事の順位

しかわかりません。

で、大体の人が自分の選定したキーワード(meta keyword)でしか調査をしていないので、それ以外のキーワードでの検索があるかどうかはわかりません。

現在、検索ロボットはmetakeywordを見なくてもタイトルやコンテンツそのものを見る能力が高いのでキーワード毎で記事を調査できても、実際には予想だにしないキーワードで上位表示していたりすることもあるのです。

それに、あくまで検索順位を調査することしかできません。

あくまでSEOを本気で取り組んでいる人にとっては、最も重要なのはSEOで上位表示をする事なはずです。

もちろん上位表示しているのならばいいでしょう。

しかし、そうでない場合は
「何を改善すれば上位表示ができるのか?」
のデータがないとただモチベが低下するだけで終わってしまいます。

あくまで、このGRCは自分の知りたい現状を知るためのものであり上位表示をするため施策にはどうしても限界があるのです。

 

3.検索順位を正確に計測する2種のツールの使い方

ただ順位をチェックししりたいのならば、GRCを使えばそれでいいでしょう。

より、具体的に知りたいのであるのならばGRC+αでSeachconsoleを使うと、より正確に検索順位をチェックすることができるようになります。

先程、GRCは設定したキーワードの順位しかわからない。
検索結果は自分が選定したキーワード以外のものが結構ある。

と言いましたね。

そこでSeachConsoleを使うのです。

もし、あなたがある程度ウェブサイトを運営していてデータがとれているのならば・・ですけどね。

では早速サーチコンソールを開いて調査したいウェブサイトを選択してください。

開いたら、左側の管理メニューの
検索トラフィック>検索アナリティクス
をクリックしていきましょう。

すると、ありとあらゆるキーワードとそのクリック率が並ぶはずです。

この状態で、

◽︎表示回数
◽︎CTR
◽︎掲載順位

にチェックをいれて

◯日付

にチェックをいれてから下にある▼をクリックし

期間を比較→過去28日寛の前の期間を比較

を選択してください。

すると、キーワードとクリック率しかなかった以下のように項目が追加され、それぞれの項目の過去と現在のデータを比較することができます。

ここで検索順位の動向を知りたいキーワードを取捨選択してGRCで設定をするのです。

ある程度データがたまるとわかると思いますが、サーチコンソールを見ていると狙ったキーワードだけでなく狙ってないキーワードが検索でひっかかってるものが表示されます。

先ほども言いましたが、現在のGoogleロボットはキーワードを見なくてもユーザーにとって価値のあるコンテンツを見極められるようになっています。

下手すれば、

自分が狙ったキーワードでは全然表示されてないのに狙ってないキーワードで表示される。

なんてこともあるのです。

だからこそ、この作業はしておかないとGRCツールの機能は最大限いかすことができないので必ずこの設定をしておくことをオススメします。

これを怠ると

「あれ?この記事上位表示されてないじゃん!じゃあ消しちゃえ!編集しちゃえ!」

と変更を加えて、他のキーワードで上位表示されていた記事が上位表示されなくなって結果的にアクセスが低下してしまったなんて羽目になりかねません。

だからこそ、ちょっと面倒でもこの作業はやっておくことをオススメします。

 

さいごに

さて、いかがでしたでしょうか?

今回はあなたのWEBサイトの検索順位を調査する方法を紹介しました。

が、あまりに気にすることはおススメしません。

大事なのはあくまで、上位表示をすることです。

そのためには、ただ順位を調査するのではなく、いかに現状から上位にあげていくのかのデータを取得し対策していくのかが大事になってきます。

ここに関してはSEO順位を高めブログのアクセスを激増する分析手法3ステップの記事を参照してもらえれば具体的な方法を解説していきますので興味があればご覧になっておいてください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment form