アクセスが増えるSEO効果抜群のリンク設定の方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

記事を書きはじめの頃はリンクしたくてもリンクできる記事が少ないため、他のページを紹介できません。
が、ある程度記事がたまってきたのなら、記事内にリンクを貼って多くのページをみてもらうようにしてみてはどうでしょう。

というのもリンク設定ができるようになれば、より多くのページをみてもらえ、サイト全体の評価があがるからです。逆に、リンク設定をしなければ1ページだけのサイト評価しかされないということでもあります。

ちなみに私はリンクを設定するようにしてから、ページビューがみるみる増え、一気に検索上位に表示されるようになりました。それまでは1ページで離脱されまったくダメでしたが…

ただし、何でもリンクすればいいというものではなく、SEOで上位表示されるためには守るべきルールがあります。

それを今回ここでお話していくことにしましょう。これをわかっていれば勝手にアクセスがあつまります。そうなると本当に楽しくなってきますよ。

と、その前にプラグインTinyMCE Advancedをインストールし有効化しておきましょう。

ではさっそく、テキストから目的のページにリンクさせる方法をみてみましょう。

例として、「詳しくはこちらをクリック!」のクリック!の部分にリンク設定をしてみようと思います。
リンク先はサイト内、あるいは外部サイト、どちらでもアクセスさせることができます。

まずは、他サイトへリンクを張る場合です。

1.他サイトへのリンク設定方法

では、ここではリンク先にgoogleのトップページを設定してみます。

1−1.リンクさせたいページのアドレスをコピー

リンクさせたいページを開きリンク先のURLをコピーしましょう。

今回の例でいえばhttp://www.google.co.jpの部分がそれにあたります。

コピーするには、右クリックでリンクをコピーまたは「ctrl+c」(macの場合はcommand+c)でコピーします。

リンク,アドレス,コピー

リンクさせたいページのアドレスをコピー
コピーできたら次は、テキストのリンクを設定です。

1−2.リンクを挿入する文字を囲んで選択

記事内のリンクさせたい文字を囲みます。そして、リンクを挿入/編集ボタンをクリックします。

リンク,挿入する文字,囲んで選択

リンクを挿入する文字を囲んで選択
すると次のようなダイアログ表示されます。

リンク,挿入,文字,選択

1−3.リンクの設定と編集

リンクを挿入/編集ボタンのダイアログが表示されたら、ここにリンク先を入力していきます。

URLには1-1でコピーしたリンク先のURLを貼付けます。タイトルは、カーソルを文字の上にのせたときに表示させたい文字です。ここでは『検索サイト:グーグル』としてみましょう。

リンクの設定,編集

入力が完了したらリンクを追加をクリックします。すると・・・

リンクの設定,編集

このようにリンク設定されました。プレビュー表示してみるとこうなります。マウスをのせた状態ではタイトルが表示されるのがわかりますね。

リンクの設定,編集

実際にリンク設定した文字をクリックしてみると、

リンクの設定,編集

ジャンプしてページ遷移したことが確認できました。

以上が外部の他サイトにリンクさせる方法でした。次に、同一のブログ内でリンクさせる方法をみていきましょう。

2.同一ブログ内の記事へのリンク設定方法

ここではリンク先に「面白い話し方が3分でできてしまう3つの方法」という記事にリンクさせる方法を例に説明していきます。

2−1.リンクさせたい文字を囲んで選択する

リンクさせたい文字,選択

リンクさせたい文字を囲んで選択する

リンクさせたい文字をマウスで囲みます。今回の例ではこちらの記事の部分を囲んでみました。その状態で、リンクアイコン(鎖マーク)をクリックします。

2−2、既存のコンテンツにリンク

既存のコンテンツ,リンク

リンクの挿入/編集ウィンドウが開きました。

このダイアログを使ってリンク設定を行います。

今回は同一ブログ内でのリンク設定では、「または既存のコンテンツにリンク」をクリックします。

すると次のように表示されます。

既存のコンテンツ,リンク

2−3.目的の記事を検索する

検索欄に検索キーワードを入れて検索してみましょう。

今回ここでは、面白い話、と検索にかけてみます。

入力すると、このように自動的に検索結果が表示されました。

記事,検索する

2−4.検索結果から目的の記事を選ぶ

この中から自分の目的とする記事を選択してみましょう。

今回はこのなかで一番上にある「面白い話し方が3分でできてしまう3つの方法」を選んでみました。

すると、下の図のように、リンク先のURLとタイトルが自動的に表示されます。

なお、ここでリンク先の表示先を別窓で開きたい場合には、リンクを新規ウィンドウまたはタブで開くにチェックしておいてください。これについては最後のところでお話します。

これで問題がなければリンクを追加すればリンク設定されます。

 

目的の記事を選ぶ

リンク追加をクリックすると、このようになります。

目的の記事を選ぶ

検索結果から目的の記事を選ぶ
プレビュー表示してみると、

目的の記事を選ぶ

たしかにリンク設定されました。

「こちらの記事」の部分にマウスカーソルを合わせると、

目的の記事を選ぶ

タイトルに入力されたいた文字が表示されました。

最後に実際にクリックしてページが確実にジャンプするかをチェックしておいてください。

こちらの記事の部分をクリックすると・・・
目的の記事を選ぶ

このように目的のページにリンクさせることができました。

・・・

以上がリンク設定の方法はこれで終わりです。

いかがでしたでしょうか。簡単ですよね。

これができるようになればすぐにでもアクセスがぞくぞく集まることでしょう。

お疲れ様でした。

さて最後になりますがSEOに関して、あとひとつアドバイスさせてください。

それは、リンクさせようとしているいまのページと関係のないページにジャンプさせないということ。そして関連のある内容の記事を適切に選ぶということです。

意味のないページにリンクさせるとアクセスを下げる原因にもなるのでお気をつけて。

基本はユーザーの立場にたって作ることが大切です。まったく関連のないページにリンクさせてしまうとユーザーが戸惑いますし、すぐに離脱されて結果としてユーザビリティが下がり、サイトの評価も下がります。

一方、しっかりと考えてリンク設定を行えば、どんどんクリックされます。

しかもSEO的にも関連キーワードとして認識されやすくなります。

その結果ますますユーザビリティが高まり、さらにアクセスアップが期待できます。

サイト内を一周見てもらえるように上手に使っていきましょう。

さぁ、SEOアップのためのリンク設定!どんどんやって上位表示を目指しましょう!

3、タイトルと新規タブ(target_blank)設定について補足

3−1.タイトルとは…

タイトルは、リンクされた文字にマウスカーソルをおいたときに表示される文字です。たとえば、タイトルとして、「商品の詳細ページへ」と入力した場合には、

タイトルと新規タブ(target_blank)設定について補足
このように、表示されます。

つまり、タイトルとは、リンク設定した文字にカーソルを合わせた際に表示される文字のことです。

3−2.新規タブ(target_blank)設定とは…

リンク先のページを新規ウィンドウ(あるいは、新規タブ)で開くか、それとも同一ページ内で開くのかを決めるのがtarget-blank設定です。ワードプレスの場合は、「□リンクを新ウィンドウまたはタブで開く」をチェックすることで別ページで開かせることができます。

基本はチェックを外しておいていいでしょう。その方がより多くのページをみてもらいやすくなります。しかし、いまのページから移動してほしくないなどの理由がある場合はチェックをつけておきましょう。

・リンクを新規ウィンドウまたはタブで開く:チェックをすると別窓でリンク先が表示されます。

リンクはそのページと関連のある内容の方がクリックされやすく、SEO的にも関連キーワードとして認識されやすくなります。

サイト内を一周見てもらえるように上手に使っていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment form

*