SEO効果抜群の説得力のあるコンテンツ5つの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SEOで上位表示に評価されるようになるためには、いかに説得力のあるコンテンツを作るかは非常に重要です。

ソーシャル評価もユーザーにとって納得できなきゃどれだけ素晴らしい内容でもシェアされません。
感情と理屈のどちらかが欠如しているコンテンツはどうしても上位表示されにくくなってしまいます。

そこで重要になってくるのはコンテンツの中の主張を支えるだけの支持分をいかに書けるか?

です。

専門的な知識がどれだけあっても小難しい言葉ばかりが並んでいたらやっぱり読み疲れちゃいますし、主張を支える理由があまりにも弱いとどれだけ凄いコンテンツであろうが実践もしません。

「ビジネスで稼ぐためには広告だ!なぜなら、広告は昔も今も使われているからっ!」

じゃ、どうしても広告が稼ぐために重要な理由としては薄すぎますよね。

主張を支えるだけの支持文が弱すぎます。

この支持文を書けるようになると自ずと文章が増しコンテンツの内容も深みを増します。

=より専門的になる
=顧客の納得度もあがる
=SEOの評価もあがりやすくなる。

のです。

つまり、SEOでもユーザービリティーを考えても主題を支えるだけの支持文は非常に重要になってくるのです。

そこで、ここでは実際に僕自身がSEOで上位表示をするために重要視しているコンテンツの書き方の1つである主題・主張を支える支持分の3種の書き方をご紹介していきたいと思います。

この方法を取り入れることであなたのコンテンツの納得度を高め評価されるようになり、SEOでも評価されるコンテンツをより簡単に書くことができるようになるので是非今日から実践してください。

 

1.SEOコンテンツで重要な支持文とは何か?

支持文は一言で言えば主張・主題を支える

・理由
・その理由の根拠

これを書けば支持文は大体の場合自ずと完成します。

例えば、、、ブログ記事のテーマが”浮気相手に復讐をする最強の方法はこの人にはかなわないと思わせる事”だったとしましょう。

そして、見出しとなる主題文の1つが「浮気相手の人生を心配する」だったとします。 つまり、支持文はこの浮気相手の人生を心配してあげるという主題(主張)を支える理由と根拠を書くわけです。 まずは前回も解説したとおり箇条書きでもいいので理由と根拠に分けて書いていきます。

例えば、

・浮気相手からすればあなたは敵。
・敵だから奪う事に躊躇したくなる
・尊敬したり好きになった相手には躊躇する。
・同時にこの人はかなわないと思う。

このように理由を並べて

・週刊誌とかでも友達はスクープしない人が大半。
・人は好きな人を大切にしたいという感情を持っている
・だから悪いことをしたと思いやすくなる。
・普通はキレられるはずだけど優しさが伝わってきた事による尊敬 という根拠を箇条書きにする事で何を書けばいいのかがわかる

ので書きやすくなり、実際に文章につなげていくことによって「なぜそれをしたほうがいいのか?」がより明確に読み手が理解できるようになりますよね?
そして、結論をつけることによって締まりのある文章が出来上がるのです。

今回は、この支持文の「理由と根拠」の部分をより強烈なもの・・というよりも、もっとあなたが書きやすくするために使えるライティングテクニックを5つ紹介していきます。

これらは理由にも根拠にも活用できますので是非とも両方ともでトレーニングをし身につけてください。

それでは、1つずつ具体的に紹介していきましょう。

と、その前に・・・

まずは、下記の文章を見ていきましょう。

これから、実際にそれぞれ方法論と一緒に実例をお見せしますので下記の元ネタの文章を見ておいてください。

人というのは自分と同じ価値観、考え方を持つ人にとても共感します。特に男女の関係ではこの「相手に共感する」ということがとても大切です。

大好きな相手が自分と同じことに共感できる部分が少ないとなると、関係を続けるのも難しくなってきます。
そこでまず、相手が自分と同じような感情を持っているかどうかを探ります。例えば「一日で一番楽しい時間って何をしている時?」と聞いてみます。

そこで相手が「家に帰ってのんびりお風呂に入ってる時かなー」と言ったとします。
もしそれが自分と同じだと感じたら「私も!絶対お風呂が一番楽しいよね、のんびりできて最高だよね」と相手に伝えます。
何かをした時にどう感じるか、その感じる部分が同じかどうか?このような感情面での共通点を探していき、そこを会話にどんどん引っ張り出します。

相手と同じ感情を持つことができるとわかると、相手に対してどんどん興味が湧きどんどん知りたいと思います。相手を知りたいと思えばそれだけ色々な会話が成り立ちます。
その結果デート時間が足りなくなるほど会話が豊富になっていきます。

参照:http://za-sh.com/date-talk-8728.html

 

では、今回はこれをあえてこの元々ある文章の理由と根拠を増やすということをやっていこうと思います。

 

2.「例えば・・・」話

学生とかだと同じ授業だったとしても面白い授業と面白くない授業ってありますよね?

その違いは科目でもなければ教科書が面白く作られているのでもなく先生によって違いが生まれているわけですが・・

面白いか面白くないか?
好奇心を抱くか抱かないか?
わかりやすいかわかりにくいか?

その違いを生み出す最大のスキルが、この例え話です。

これは相手に自分の思いを伝えたり、価値観をわかってもらったりそれだけでなく、部下の育成や営業が上手い人は、この例え話がめっちゃ上手い場合が多いです。

そもそも、相手が知らない事を知ってもらう時や気持ちとか論理的にも複雑的なものを言語化する時って専門用語や自分での頭の中の言葉をそのまま伝えても大体の場合伝わりません。

「は?なんでわかんないの?」

とか思った事ってあると思いますけど

「そんなんわからなくて当たり前」

なんです。

常識というものだって見方を変えれば、どのようにでも変わるし何が最も重要なのかなんていうのも人それぞれ。

というのもありますけど、何よりも“伝え方によって伝わり方”が変わってくるという部分もあるのです。それを“わかる形”に近づける最も効果的な方法が例え話なんです。

「例えば・・・」

という一言を入れれば自然に脳内で考えはじめて言葉に出てくるのです。

もちろん!

この例え話しの面白いかところが、僕が例えてもわかりにくかったけどあなたの例えならばわかりやすくなったという場合があるのです。

逆に僕の例えのほうがわかりやすい人もいる。

僕は決して「わかりやすい」事がいい事とは全然思っていないのであえて“わからない部分”を作ったり「全然わからない」ような表現をしたりしますけど・・

例え話しは理解してもらいやすくするためにも同じことを違うように伝えるためにも非常に有効なツールなのです。

たとえば・・・と入れることで類似したあなたの脳内にある知識や情報が想起されやすくなるのです。

それでは、実際に先ほどのお題に試しにやってみましょう。

人というのは自分と同じ価値観、考え方を持つ人にとても共感します。特に男女の関係ではこの「相手に共感する」ということがとても大切です。

例えば、Aさんが巨人が大好きだったとしましょうか・・・

しかし、初対面がで出会ったBさんが「俺、阪神ファンなんすよ!巨人なんてロクでもないっすよね!」」とAさんに言ったとしましょう。
するときっとAさんはBさんの事をあんまり好きにはなりにくいですよね。

大好きな相手が自分と同じことに共感できる部分が少ないとなると、関係を続けるのも難しくなってきます。
そこでまず、相手が自分と同じような感情を持っているかどうかを探ります。例えば「一日で一番楽しい時間って何をしている時?」と聞いてみます。
そこで相手が「家に帰ってのんびりお風呂に入ってる時かなー」と言ったとします。
もしそれが自分と同じだと感じたら「私も!絶対お風呂が一番楽しいよね、のんびりできて最高だよね」と相手に伝えます。
何かをした時にどう感じるか、その感じる部分が同じかどうか?このような感情面での共通点を探していき、そこを会話にどんどん引っ張り出します。

相手と同じ感情を持つことができるとわかると、相手に対してどんどん興味が湧きどんどん知りたいと思います。相手を知りたいと思えばそれだけ色々な会話が成り立ちます。

その結果デート時間が足りなくなるほど会話が豊富になっていきます。

 

3.実例を持ってくる

先ほどの「例えば・・・」の場合は、恋愛ならば恋愛以外のものを使うことで、恋愛に対するテクニックを友人関係で例えたり、何度もクドクド誘うのを服屋で後をつけてくる店員で例えたりすることでわかりやすくしてあげるのですが・・

この例え話しは常に出てくるわけではないし頭の柔軟性が必要だったりするのでやる習慣ができてない人はジェンジェン出てこないという場合もかなーりあります。

そういった時にも使えるのが事例です。

つまり・・・あなたが経験したことを話すのです。

具体的に実体験としてセリフや言葉による描写をすることで例え話しに近い効果が望めます。

他にも、

僕で言えば“クライアントさん(メルマガ読者・講座参加者)の声

誰でも使えるもので言えば

・友人のエピソード
・ネット上のエピソード

というような、失敗談や成功談などの声を持ってくるのもオッケーです。もし、あなたに実例がないのなくても全然大丈夫です。

ネットで検索をすればいくらでも出てきます。

もちろん検索するキーワード次第ですが検索する能力があがるほどネットで情報を収集する力がついてきます。

・・・その分、事例もいくらでもでてくるようになるでしょう。

あとは、ここを意識するだけでも友人やみじかな人の話を聞く意識をもちやすくなり集中力が増すことになるでしょう。

人というのは自分と同じ価値観、考え方を持つ人にとても共感します。特に男女の関係ではこの「相手に共感する」ということがとても大切です。

大好きな相手が自分と同じことに共感できる部分が少ないとなると、関係を続けるのも難しくなってきます。
そこでまず、相手が自分と同じような感情を持っているかどうかを探ります。例えば「一日で一番楽しい時間って何をしている時?」と聞いてみます。

そこで相手が「家に帰ってのんびりお風呂に入ってる時かなー」と言ったとします。

もしそれが自分と同じだと感じたら「私も!絶対お風呂が一番楽しいよね、のんびりできて最高だよね」と相手に伝えます。
実際、僕自身もメルマガを発信しているのですが、冒頭から突然・・

「困ってます!◯◯なんですがどうすればいいですか?」「それって◯◯なんじゃないですか?」

というように、自分の意見や相談をしてくる人と・・・

「◯◯の部分をみて△△だときづきました!」「いつもメルマガありがとうございます!」「〇〇の部分僕もそうだったんです!」

というように、メルマガの内容を踏まえた上での共感などが先にあってその上で意見や相談をしてくる人とではあきらかに前者のほうが好印象です。

何かをした時にどう感じるか、その感じる部分が同じかどうか?このような感情面での共通点を探していき、そこを会話にどんどん引っ張り出します。

相手と同じ感情を持つことができるとわかると、相手に対してどんどん興味が湧きどんどん知りたいと思います。相手を知りたいと思えばそれだけ色々な会話が成り立ちます。その結果デート時間が足りなくなるほど会話が豊富になっていきます。

4.社会的証明を入れる

 

あなたは今ダイエットをし、適度に筋肉をつけたいという願いを持っているある時、僕がそんなあなたの夢を叶えましょうと1ヶ月1日1回飲むだけで簡単に痩せてシェイプアップができるというサプリメントをもってきたとします。

しかし・・・僕があなたにある事を告げます。

「誰に聞いてもやったことがない、試したことがない、 実践者の感想文や口コミも何もなくてあなたが第一号です! もっと言えば僕も使ってないんですよ!」

と言われた時・・・ちょっと不安になりません?

僕ら人間は、1番にはなりたいものの誰しも自分1人だけでいばらの道を進もうとはなかなか思えないものです。

それに比べて

誰かが使った事がある・やった事がある。更に言えば成果を出し安全性がある。

のならば、きっとあなたも安心してやってみようと思えるようになりませんか?これが社会的証明の力です。ただ、これは決して皆やってまっせ!とかいう使い方をしなくてもいいですし・・・

「は?そんな当たり前の事できないの?」

みたいな言い方をすれば相手を敵に回しかねません。

(それに当たり前の意味も意義もわからず常識だからと言って理由も自分なりの解釈も言えない時点で“あなたの意見なんてないじゃん”って話しになりかねませんが(笑))

そして・・それはブログも一緒です。

そうではなく、事例をちょっと増やしたり典型的なパターン的なものを普通に言えばいいのです。ちょっとわかりにくいかもしれないので事例を交えていきましょう。

人というのは自分と同じ価値観、考え方を持つ人にとても共感します。特に男女の関係ではこの「相手に共感する」ということがとても大切です。

大好きな相手が自分と同じことに共感できる部分が少ないとなると、関係を続けるのも難しくなってきます。
そこでまず、相手が自分と同じような感情を持っているかどうかを探ります。例えば「一日で一番楽しい時間って何をしている時?」と聞いてみます。

そこで相手が「家に帰ってのんびりお風呂に入ってる時かなー」と言ったとします。

もしそれが自分と同じだと感じたら「私も!絶対お風呂が一番楽しいよね、のんびりできて最高だよね」と相手に伝えます。

何かをした時にどう感じるか、その感じる部分が同じかどうか?このような感情面での共通点を探していき、そこを会話にどんどん引っ張り出します。

実際・・・離婚をする理由の第一位は”価値観の違い”というのは有名な話です。

・清潔観念や金銭感覚等異なる点が多くて喧嘩が絶えません。
・価値観が違うから別れたい!
・考えた方や価値観が違いすぎると言われ、しばらく離れてお互い考えようと一週間前から別居しています。
・彼女に価値観が違うから別れたいと言われました。

などなど、価値観の違いはお互いの関係に感情的に距離を感じやすいんです。そのため、共通点を探すコトは非常に重要なポイントです。

相手と同じ感情を持つことができるとわかると、相手に対してどんどん興味が湧きどんどん知りたいと思います。相手を知りたいと思えばそれだけ色々な会話が成り立ちます。その結果デート時間が足りなくなるほど会話が豊富になっていきます。

5.権威性を入れる

これはもう想像できますよね・・・そう僕らもユーザーは権力にはに弱いんだから権力で支配をしよう!

と言うと大概の人はドン引きをするものですが、その割に面白いように専門家の声(権威の証明)を重要視してしまいます・・・

サプリや化粧品などの専門家の声を載せたり、芸能人の声とかを入れるのもこの権威性が心理的に効果がある理由です。

権威性は心理学やセールスメソッドとしても必須と言われるほど重要視されているんです。

だから大企業ではもはや当たり前に使われていますよね。

・・・これも権威性なんです(笑)

別にこれは「誰」である必要もありません。「心理学やセールスメソッド」の部分のように学問や職業の常識というものでも構わないのです。

これを入れる事によって権威を持っている対象に対する信頼度が執筆しているあなたに移動をするのです。芸能人のファン度合い・信頼度合いが芸能人の名前を出したあなたに移動をするのです。

「スティーブンジョブズも使ってます。」

と言われてたのならば、スティーブンジョブズやApple商品に対する信頼度が高い人は特に、普通にいうよりも強く信頼をしてくれやすくなるのです。

つまり、コンテンツの内容を証明するための

・学術的な証明や専門知識
・専門家の推薦
・成功者や専門分野の常識
・有名人の結果

を付け加えていくのです。では、実例を見てもらいましょう・・・・・。

人というのは自分と同じ価値観、考え方を持つ人にとても共感します。特に男女の関係ではこの「相手に共感する」ということがとても大切です。
大好きな相手が自分と同じことに共感できる部分が少ないとなると、関係を続けるのも難しくなってきます。
そこでまず、相手が自分と同じような感情を持っているかどうかを探ります。例えば「一日で一番楽しい時間って何をしている時?」と聞いてみます。

そこで相手が「家に帰ってのんびりお風呂に入ってる時かなー」と言ったとします。
もしそれが自分と同じだと感じたら「私も!絶対お風呂が一番楽しいよね、のんびりできて最高だよね」と相手に伝えます。
何かをした時にどう感じるか、その感じる部分が同じかどうか?このような感情面での共通点を探していき、そこを会話にどんどん引っ張り出します。

心理学的にラポール(信頼関係)を構築する最もシンプルな方法は”共感”にあると言われているくらいです・・
相手と同じ感情を持つことができるとわかると、相手に対してどんどん興味が湧きどんどん知りたいと思います。相手を知りたいと思えばそれだけ色々な会話が成り立ちます。その結果デート時間が足りなくなるほど会話が豊富になっていきます。

6.肯定or否定の自己主張

これまでは有名人や他の体験者などの肯定意見や否定意見をいれることで主題を支えてきましたが、時にはそういったものに対してもあなた自身の主張・意見をいれてみてください。

これは別に日常使う言葉でなくても構いません。心の中で出てきた言葉でもいってみるのです。
僕の場合は、趣旨を変えないために・・・いかに違う視点をいれるのかを意識しています。

例えば、女性にモテるためには「出会い増やす」という主題があるのならば・・・

それを支える理由や根拠として

「出会いがないよりも出会いがあったほうがキッカケを作れる」
「慣れないといつまでたっても女性との関係を作れない」

というのがあったとします。

しかし、これには反対意見もありますよね。「そんなに沢山の女性とガツガツ出会ってる男って軽い。」というような。
逆に「そういえば出会いなんて作ろうとしなかったなぁー。そりゃそうだよなぁ」というような肯定意見もありますよね。
これを入れるのです。

「僕は昔は初対面が苦手だからって出会いを作ろうとしなかった時がある。あの頃の新たな場を作ろうともせずに狭い世界で満足していた。だから、ちょっとでいいので出会いは作っておいたほうがいいです。」

というように・・・。

ただ難しいのが反対意見ですよね。
反対意見は否定をしているようにも見えますからね・・

そういう時は主題文を支えながらも極端になりすぎないようにツッコミをいれるような感覚でいいかなと思います。

「だからって、無闇やたらにガツガツと出会いを作って信頼関係も構築しなけりゃ何も得られるものはないどころか女性からすれば盛りのついた猿状態に見られてドン引きされちゃうので適度さが大事です。」

というように。

このように、自分自身の意見や主張、感想、気づいた事、後悔した事、これから行動に移そうと思った事、これまで行動に写せなかった反省、などをいれることによってより活きた文章になります。

この意見や主張は

「自分以外のありとあらゆる視点」

を持てるようになるほど読者にとって大きな気付きを与えられるようになるので、自分の意見や主張が出てきたのならば、それを読み手に伝えてみるということはやったほうがいいです。

もちろん!伝え方次第ですけどね。

人というのは自分と同じ価値観、考え方を持つ人にとても共感します。特に男女の関係ではこの「相手に共感する」ということがとても大切です。
大好きな相手が自分と同じことに共感できる部分が少ないとなると、関係を続けるのも難しくなってきます。
そこでまず、相手が自分と同じような感情を持っているかどうかを探ります。例えば「一日で一番楽しい時間って何をしている時?」と聞いてみます。

そこで相手が「家に帰ってのんびりお風呂に入ってる時かなー」と言ったとします。
もしそれが自分と同じだと感じたら「私も!絶対お風呂が一番楽しいよね、のんびりできて最高だよね」と相手に伝えます。
何かをした時にどう感じるか、その感じる部分が同じかどうか?このような感情面での共通点を探していき、そこを会話にどんどん引っ張り出します。

まぁ、個人的にはとりあえず共感なんてしていたら自分の意見や主張なんてもてないので微妙ですけどね・・・

だから、共感するところは共感しその上で否定をするのではなく、ただ、相手を納得させようとしたりするのではなく、もっと言えば共感を求めない主張、共感をされたとしてもそれはあくまで自分の意見だということを伝えるられるくらいの余裕をもったコミュニケーションをすればもっともっと円滑になります。

相手と同じ感情を持つことができるとわかると、相手に対してどんどん興味が湧きどんどん知りたいと思います。相手を知りたいと思えばそれだけ色々な会話が成り立ちます。その結果デート時間が足りなくなるほど会話が豊富になっていきます。

7.部分否定

先ほど肯定の場合ならばいいのですが否定の書き方は注意が必要です。なぜならば否定の仕方が下手だと“主題文”そのものの主張を崩壊させ何を伝えたいのかがわからなくなってしまうからです。

主題を自ら壊したり・・・どっちつかずな感じになったり・・
してしまいかねないからです。

それならば、反対の意見を主題にしたほうがいいのかもしれませんね。ただ、基本的には主題からはズラさないというのがポイントになってくるのです。
そもそも、世の中の全ての減少だけでなくテクニックややり方、方法論というものは具体的になればなるほど、必ずメリットとなる部分とデメリットとなる部分があります。

つまり、こういったものは状況や環境や対象者によっては使えない場合があるので、どれだけ全否定をしても、それはメリットとなる部分を潰しているだけに過ぎないわけです。

否定をする時に注意点は

・この状況では使えない。
・こういう環境では使えない。
・こういう対象には使えない。
・この目的だと使えない。

・・かもしれない。というように基本的には使えるけど、ある特定の一部分では使えない可能性が高くなるというように伝えることによって、臨機応変さを伝えているのでそれだけで役立つコンテンツになるのです。

これこそが正しい。

となると読み手が柔軟性をもってコンテンツを読むことができにくくなってしまいますし、あなたの頭も硬くなってしまいますし、誰かとの対立もどんどん大きくなってしまいかねません。

人というのは自分と同じ価値観、考え方を持つ人にとても共感します。特に男女の関係ではこの「相手に共感する」ということがとても大切です。
大好きな相手が自分と同じことに共感できる部分が少ないとなると、関係を続けるのも難しくなってきます。
そこでまず、相手が自分と同じような感情を持っているかどうかを探ります。例えば「一日で一番楽しい時間って何をしている時?」と聞いてみます。

そこで相手が「家に帰ってのんびりお風呂に入ってる時かなー」と言ったとします。
もしそれが自分と同じだと感じたら「私も!絶対お風呂が一番楽しいよね、のんびりできて最高だよね」と相手に伝えます。
何かをした時にどう感じるか、その感じる部分が同じかどうか?このような感情面での共通点を探していき、そこを会話にどんどん引っ張り出します。

相手と同じ感情を持つことができるとわかると、相手に対してどんどん興味が湧きどんどん知りたいと思います。相手を知りたいと思えばそれだけ色々な会話が成り立ちます。その結果デート時間が足りなくなるほど会話が豊富になっていきます。
まぁ、何でもかんでも言うコトを聞いていたら「お前は奴隷か!」とツッコミがはいりそうですが(笑)

 

さて、いかがでしょうか?

今回の記事では、あなたに支持文をより効果的なものにするテクニックを紹介してきました。この方法を全て実践した後に元々の文章を削って見ると面白いことがおこります。

例えば、Aさんが巨人が大好きだったとしましょうか・・・

しかし、初対面がで出会ったBさんが「俺、阪神ファンなんすよ!巨人なんてロクでもないっすよね!」」とAさんに言ったとしましょう。
するときっとAさんはBさんの事をあんまり好きにはなりにくいですよね。

実際、僕自身もメルマガを発信しているのですが、冒頭から突然・・

「困ってます!◯◯なんですがどうすればいいですか?」「それって◯◯なんじゃないですか?」

というように、自分の意見や相談をしてくる人と・・・

「◯◯の部分をみて△△だときづきました!」「いつもメルマガありがとうございます!」

というように、メルマガの内容を踏まえた上(感想・気付き)が先にあってその上で意見や相談をしてくる人とではあきらかに前者のほうが好印象です。

実際・・・離婚をする理由の第一位は”価値観の違い”というのは有名な話です。

・清潔観念や金銭感覚等異なる点が多くて喧嘩が絶えません。
・価値観が違うから別れたい!
・考えた方や価値観が違いすぎると言われ、しばらく離れてお互い考えようと一週間前から別居しています。
・彼女に価値観が違うから別れたいと言われました。

などなど、価値観の違いはお互いの関係に感情的に距離を感じやすいんです。

そのため、共通点を探すコトは非常に重要なポイントです。

心理学的にラポール(信頼関係)を構築する最もシンプルな方法は”共感”にあると言われているくらいです・・
まぁ、個人的にはとりあえず共感なんてしていたら自分の意見や主張なんてもてないので微妙ですけどね・・・

だから、共感するところは共感しその上で否定をするのではなく、ただ、相手を納得させようとしたりするのではなく、もっと言えば共感を求めない主張、共感をされたとしてもそれはあくまで自分の意見だということを伝えるられるくらいの余裕をもったコミュニケーションをすればもっともっと円滑になります。

まぁ、何でもかんでも言うコトを聞いていたら「お前は奴隷か!」とツッコミがはいりそうですが(笑)

そう・・・完全なるオリジナルの文章ができあがるのです。

一応、一部を残したとしてもこれだけの記事が出来上がるのです。

全く一緒のことを言ってはいるけど全く違うオリジナルのコンテンツが出来上がってしまうのです。

最初は1つずつやることになるのでどうしても面倒だなぁって思うかもしれません。

 

そりゃ面倒です。

でも、慣れてこれば「わざわざ頭で考えなくても」自然とできるようになってきます。

これができるようになれば、ライバルの記事を読んで、そこから他者の記事を取り入れながらオリジナルの記事を作れるようになるのです。

この段階までこれば記事の内容に困ることも減りますし自然と手が動くような状態になることができます。

もち、簡単ではないのかもしれません。

しかし、僕ら人間は「成長」をするのですから、その成長をしっかりと実感しながら進んやっていけば気づいたら「当たり前のようにできる」ようになっているはずです。

それまでは丁寧に1つずつ1歩ずつやっていきましょう。

基本的にオリジナルの記事こそが大事だと言われています。

だからといっていきなりゼロからオリジナルを作ることはできません。

だから・・支持文の6割以上、理想は9割近く。

オリジナルのものにしていけばいいのです。

それだけでも十二分にSEOで上位を狙えるコンテンツを書くことはできるはずです。

主題を色んなところから集め、指示文をオリジナルにすれば、、それはもはや完全にオリジナルです。

この繰り返しが最終的に完全なオリジナルコンテンツをかけるようになるのでまずはここから実践をしていきましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment form

*