ディスクリプションの意味から学ぶ上位表示の5つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

検索エンジンで上位表示をしようとする中でも記事単位でいうとMETA情報の記述は非常に重要だと言われていて、その中でもメタディスクリプション(discription)はかなり重要視されています。

実際、現在はメタキーワードの設定は必要だと言われてはいません。

なぜなら、グーグルのロボットの精度があがりコンテンツの内容を判断できるようになってきているからです。

とは言っても、僕は設定したほうがいいと思っていますけどね(笑)

そんな話はどうでもよくて、そんな中でもディスクリプションは設定をすることを推奨されているのには理由があるのです。

もっと言えばディスクリプションの設定次第で検索上位に食い込めるかを決める要素にもなりえるのです。

そこで、この記事ではなぜディスクリプションが大事なのか?その意図と設定をする上で絶対に外してはいけないポイント。

そして、効果的なディスクリプションの設定の仕方のコツを解説していこうと思います。

何も考えずにディスクリプションの設定をするよりもずっと効果が出るはずです。

これまでの執筆してきた、投稿記事のディスクリプションを変えるだけでもアクセスが増える可能性もあるので是非最後までご覧になってくださいませ。

1.ディスクリプションとは?

まずは、ディスクリプションとは何か?について簡単に説明しておくと、サイトや投稿した記事の概要や説明文として使われ検索結果のページの概要として表記されるものです。

上の画像を見て貰えばわかるようにタイトルがあってその下にあるものがディスクリプションです。

この設定は、SEOを考えるのならば各種ページごとにかならず設定しておいたほうがいいです。

ワードプレスでは投稿画面に設定ができるはずです。(設定できない場合はYeartSEOプラグインを使用)

WEBサイトの場合は、各種ソフトで設定できるようになっています。

これを設定をすることによって、検索結果に反映されるようになりSEOの効果としても非常に強いです。

2,メタディスクリプションの役割と設定方法

メタディスクリプションの役割と設定方法

先程、METAディスクリプションは、Googleにサイトが一体どんな内容のコンテンツなのかを伝達するために必要な設定だと言いましたが、だからといってディスクリプションがそのものがGoogleに評価をされるわけではありません。

昔は、狙ってるキーワードを沢山いれたほうがいいとか色々小手先テクニックが効果がある。

とか言われていた時代とかもあったのでわからないでもないんですが、そもそもディスクリプションは「コンテンツの内容を説明したもの」なのでディスクリプションはGoogleが評価をするためにあるんじゃなくて、ユーザーが検索結果でコンテンツの内容を把握するためにあるわけです。

これは人によってかもしれませんが、検索結果の一覧でタイトルだけじゃなく説明文をみてサイトを閲覧をするか決めると言う方も少なくないはずです。

つまり、

ディスクリプションとタイトルはCTR(クリック率)

に影響を及ぼすんですね。

そして、このクリック率が高い方が当然ですがGoogleから見たら検索ユーザーのニーズに応えられている。

と判断をするわけですからディスクリプションは結果的にユーザーのため、そしてユーザーのクリック率によって検索順位が決定をすることによって結果的にSEOで評価をされるわけです。

ディスクリプションそのものが直接的に評価される。

のではなく、

ユーザーのニーズに応えられているディスクリプションが結果的に評価をされるのです。

この本質を踏まえもせずディスクリプションを設定をしようとするとついつい・・

「ロングテールを狙ってとにかくロングテールキーワードをディスクリプションに設定しよう!」
「普通に書くと短い説明になっちゃうのはもったいないからキーワードをいくつかねじ込まないと!」

みたいな発想をしてしまいかねません。

無意識的に。

だから、あくまでディスクリプションはユーザーにコンテンツの内容をわかりやすく説明するためにある。

ということは絶対に忘れないでくださいね。

ここを外しちゃうと長期的に考えてSEOで全然評価されない設定をしてしまいかねません。

2-1.ディスクリプションの設定の仕方

WordPressの場合は、テンプレートにもよって設定ができるものとできないものがありますが、大体の方はYeartSEOかAll in one SEO packのプラグインを導入しているはずなので、エディターの下にスクロールした部分のところから設定をするのがベターです。

2-2.文字数50文字+70文字(それ以上は適切に区切る)

メタディスクリプションは記述したからといってそのまま表示をされるわえkではありません。また、全部が表示されるわけではなくスマホ表示なども考えられて要約して表示されることもあります。

なので、できるならばこちらの意図通りに表示をしてほしいので、

スマホ表示:50文字程度
PC表示:124文字程度

なので、50文字で一区切りして、付加情報を残り74文字で追加するのが基本的な設定かなと思います。前半50文字で記事の内容を一言で語り、その後に70文字を使ってどんな内容がかかれているのかを表記するという感じですね。

2-3.重複に注意する

Googleは重複コンテンツは上位表示をする価値がないと判断されやすいのですが、その中でもタイトルとディスクリプションの重複には注意をしたほうがいいです。

これはSeachConsoleで確認することができます。

この項目が重複をしていると、Google側に「同じ記事が2つありますよ」と表記しているようなものなので注意してください。

2-4.狙ったキーワードは必ず挿入する

これは、間違っても挿入しないといけないんだという意味ではなく挿入しないのがおかしいってことです。

そもそも検索ユーザーのキーワード(質問)に答えているわけですから、そのキーワードが全くはいらないほうがおかしいです。決して複数のキーワードをねじ込め!ということを言っているのではありません。

何個もいれる必要はありませんが、スマホ対策を考慮に入れてディスクリプションの冒頭にメインで表示させたいキーワードを出来る限りいれたほうがいいでしょう。

2-5検索流入を期待するサイト全体に挿入する

先程、重複に注意しましょうと言いましたが、たぶん1つ1つの記事でディスクリプションを設定をしているのであれば基本的には重複はしないと思いますが、記事だけでなく検索流入を期待している全てにディスクリプションは挿入したほうがいいです。

サイト設計をしっかりしている場合は

・カテゴリ
・投稿

には絶対に導入してください。(カテゴリーでディスクリプションの設定できない場合はYeartSEOプラグインの導入を検討しましょう。)

・・・以上5点を注意してディスクリプションの設定を行ってもらえればいいです。

3,クリックされるディスクリプション5つのコツ

クリックされるディスクリプション5つのコツ

では、実際にクリックされSEOでも評価されやすいディスクリプションの設定のコツを5つほど紹介していきますのでよかったらこの通りにやってみてください。

3-1. 導入をそのまま挿入する

徹底的に効率を考えた場合は、導入をそのまま挿入するのもアリです。わざわざ1記事ごとに設定をするのが面倒くさい場合はディスクリプションを記事の導入をそのまま採用すればいいです。

ただ、この場合は記事の導入自体をディスクリプションに反映してもいいように、短く説明する必要があるのは覚えておいてもらえるといいです。

では、どうやって書くのか?というと典型的なのが

・タイトルをもっと具体的にする。
・質問から入る
・内容(コンテンツ)の要約をする。

この3つが基本かなと思います。

3-2.ユーザーニーズを探る

ユーザーにクリックをしてもらうため、読んでもらうため、読まれるコンテンツを作るためには「いかにユーザーのニーズに刺さるようにするのか?」というのがポイントになってきます。

そのためには、目の前に読み手がいるように感じられるのか?が大事なのですが、そのために

・どういった状況で検索しているのか?
・何を質問しているのか?
・その結果、何を得たいのか?避けたいのか?

くらいは探るようにしたほうがいいです。

そして、それに対して、

・この記事がなぜ必要か?
・この記事を読むとどうなるか?
・何をあなたは教えているか?

を意識することでいいコンテンツやタイトルを作ることができるのですが、ディスクリプションも一緒でこれらの質問の回答のどれかを挿入することでより質の高いディスクリプションを作ることができるようになるはずです。

また、タイトルにない項目をディスクリプションを使うとバランスよくなります。

3-3. タイトル(主題)を支持する文を書く

タイトルが主題文でディスクリプションはその主題を支える支持文だということを意識して書くといいでしょう。

例えば、タイトルが

頑固な水垢をわずか1分の作業で簡単に落としてしまう方法

というものだったとしましょう。

これが主題になるのですが、このタイトルの主題(主張)を支える支持文(根拠・正当性)をディスクリプションに書くことを意識するといいです。

頑固な水垢をたった1分の作業で楽勝で落とすプロの掃除屋さんが教えてくれた方法を紹介します。

というように、プロの掃除屋さんが教えたという効果がある理由をいれています。タイトルの文字数が足りない場合はこの方法は非常に有効です。

3-4.コンテンツワードを挿入する

コンテンツワードというのは、見出しなどで使われているキーワードのことです。これはコンテンツを執筆する際にサジェストや複合キーワードを使っている場合に非常に有効な方法です。

例えば、先ほどのタイトルは「頑固な水垢落とし」というキーワードでしたが、

ここに付属する複合キーワードは・・・

・鏡
・シンク
・酢
・洗剤

というものがありました。

これらをディスクリプションに挿入することでよりユーザーのニーズに刺さるディスクリプションを作ることができます。

鏡やシンクの頑固な水垢をたった1分で簡単に落とすプロの掃除屋さんが使ってる方法を紹介します。

というように使えるものを取捨洗濯して導入をすることで具体性が増し検索結果でもロングテールを狙ったディスクリプションを作ることができるでしょう。

ただ、当然ですがこれはコンテンツの内容が全く関連ないものである場合はいれても無駄です。

3-5.50文字を支える70文字

先ほど、スマホとPCではディスクリプションの文字数が違うという話をしたと思いますが、区切ってディスクリプションを作るのでパーツで考えてみると作りやすいです。

例えば、

前半:なぜ?後半:どのように。

鏡やシンクが曇って見えない原因である頑固な水垢を綺麗にピカピカにしたいけど全然落ちない・・そんな頑固な水垢をわずか1分でピカピカにするプロの掃除屋さんさんから教わった方法を写真を使ってわかりやすく解説します。

前半:メインワード 後半:コンテンツワード

鏡やシンクの頑固な水垢をたった1分で簡単に落とすプロの掃除屋さんが使ってる方法を紹介します。酢や市販洗剤や高級洗剤なんか使わなくても安価でどこでも簡単に手に入る液体を使って水回りを新品のようにピカピカにする方法を紹介します。

というように前半と後半でパズルのように分けるようにするといいです。パートにわけることで作りやすくなるはずです。

さいごに

さて、いかがでしたでしょうか?ここではWEBサイトの情報を検索エンジン側に伝達するSEOの設定であるタイトルと同じくらい重要なディスクリプションに関して網羅的に解説をしてきました。

これだけの項目を理解しておけばディスクリプションの設定に困ることはないでしょう。

タイトルとディスクリプションは検索結果に表示される重要な項目です。

だからこそ、しっかりと設定をしていきましょう。

この記事があなた参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment form

*