成功事例から学ぶ高成約CTAの作り方5つのポイント

「コンバージョンの高いCTA(Call To Action)を設置したい!でもどうやって作ればいいの?事例を見ながら学びたい!」

ほとんどのウェブサイトやブログではコンバージョンを取得することを考えて運営しているはずです。そこで最も重要になってくるのがCTAです。

・ランディングページ
・記事下のエリア
・トップページ

などなど、CTAの内容次第でコンバージョンが2倍・3倍になるなど本当によくあります。ボタンの文面1つでコンバージョンが変わる事例などは山ほどあるくらいです。

実際、このウェブサイトも1日のリスト取得数が3しかなかったのがCTAを変えただけで6にあがった事例もあります。

そこでここでは。コンバージョンのとれるCTAの事例を見ながらポイントを5つにギュッと絞ってチェックリスト付で紹介します。

Point1.CTAエリアだと一目でわかるようにする

Point1.CTAエリアだと一目でわかるようにする

ボックスでCTAエリアを囲う・背景色を変える
画像を目立たせる(イメージ画像・プレゼント画像)
ボタンを用意する(少し大きめだとベスト)
ヘッドコピーを際立たせる

基本的にCTAは記事の下に表示させると思いますが、ボックスやライン・バックグラウンド(背景)を変えてCTAエリアだとわかりやすくしましょう。

流し読みして「ここからCTAだな」とあなたから見て一目でわかるようにしてください。

ユーザー側からすると「あれ?これまでとデザイン違うな。」と気になって流し読みの人でもスクロールおやめて読んでくれる確率があがります。

Point2.トンマナを崩す

Point2.トンマナを崩す

トンマナというのは、”トーンとマナー”の略でファッション用語で言うとTTPのようなものです。トンマナを採用するとなると「デザインに一貫性を持たせましょう!」という事になります。

しかし、ここではあえて崩してください。

崩すと目立つようになるのでヘッドやロゴなどメンカラーやアクセントカラーの真逆の色を採用してください。

逆にトンマナを採用すると目立たなくなりCTAだとわかりにくくなってしまい目が止まらなくなる可能性が高くなります。

Point3.魅力的なオファーを用意する

Point3.魅力的なオファーを用意する

問題を喚起できているか?
手に入れるものが明確か?
ベネフィットは何か?
行動喚起はできているか?

どれだけ無料で何かをプレゼントしたりお試しができるとしても、そのオファーが魅力的でないとクリックされません。

CTAはあくまで機能ですから、どれだけ目立たせてもありきたりのオファーでは行動をしてくれることはないでしょう。

”無料で配られているワードプレステーマを100円で購入できます”

と言われても誰も買わないはずです。

ただ画像だけ貼られていても何が手に入るかわかりません。だから、ヘッドコピーからリード文・行動喚起までをテキストでオファーしてください。

Point4.ユーザーのアクション数を減らす

Point4.ユーザーのアクション数を減らす

基本的に、ユーザーのアクション数を極限まで減らす努力をしましょう。

例えば、

・フォームの入力欄が10個ある場合
・フォームの入力欄が2個ある場合

ならばCVRは後者のほうが高くなるからです。

ボタンを何度もクリックするのと1回しかクリックしないのならば何度もクリックさせるほうがCVRは低下します。

だからいかに少なくするのか?が基本です。

しかし、ユーザーのアクション数が多くなるほどCVRは低下しますが、ユーザーのアクション数が少なくなるほどコミットメント力は低下しますのであなたが求めている顧客に合わせて調整をしていきましょう。

Point5.行動を喚起する

Point5.行動を喚起する

何をしてほしいのか?行動喚起をしてください。例えば、登録をしてほしいのにボタンが「詳細はコチラ」では行動をしてくれません。それならば「登録する」のほうが行動喚起になるわけです。

実際、この行動喚起によってCVRは50%の違いを生み出しますので力をいれたほうがいいです。

ジムを検索できるサービスで「メンバーシップに登録する」を「ジムを探そう!」に変えることによって68%アップ。

LPに関する無料E-Bookのプレゼントで「無料E-bookを手に入れる」を「成約率400%の秘密を知る」に変更する事で42%アップ。

このように行動喚起だけでCVRは大きく変わるので是非色々試してみることをオススメします。

さいごに

ここではコンバージョン率をあげるためのCTAの基本的なポイントについて解説をしてきましたがいかがでしたか?参考になれば幸いです。

しかし、ハッキリ言っておきますがCTAは徹底的に極めることを考えた方がいいということ。

なぜなら、CTA1つでコンバージョン率が2倍とか3倍程度ではなく10倍になることだって可能だからです。しかし、なぜか日本ではまだまだCTAという言葉自体の検索数が少ない。

海外ではランディングページと同じくらい検索されるニーズがあるのにも関わらず日本では重要視されていません。

だからこそ、この記事を読んだあなたにはCTAを極めるということをやってみてほしいです・・驚くほど成約率が向上することに驚くはずです。

もし、あなたがCTAについてもっと深く学びたい!と思っているのならば下記に、僕が徹底的にテストをした高成約CTAの秘密をお教えしていますので是非参考にしてみてください。

【無料オンライントレーニング】ネット上にデジタル資産を構築し自由なライフスタイルをエンジョイしませんか?

「あなたは1年間働かなくても何の不安もなく生活できますか?」

この質問はとある資産家が本当の金持ちを判断するためにする質問だそうです。

実はこの質問は非常に重要です。

あなたはこの質問にどう答えるでしょうか?

この質問に、少しでもYESと答えられるようになれば、あらゆるものから解放され自由なライフスタイルを生きられるはずです。

僕はその最初の一歩をブログで実現しました。

では、

なぜブログが自由なライフスタイルを作ることができるのか?
そして、何をすればいいのか?
いかに収益を生めばいいのか?

を無料のウェブセミナーで詳しく解説しています。

また、今登録していただくと計7つのボーナスコンテンツも用意しています。

僕が数百万、数千万とお金を稼いでもなぜ不自由感を感じていたのか?いかにしてその状態を抜け出すことができたのか?

もお話しているので是非以下から無料登録をしてください。

すぐにウェビナーが開始されます。

無料オンライントレーニングはコチラをクリック

成功事例から学ぶ高成約CTAの作り方5つのポイント
最新情報をチェックしよう!