ブログで稼げないと言ってる人を見ていてわかった7つの障害

「ブログで100記事書いたのに全然稼げない・・・」
「これだけ2年間必死に記事更新してきたけどブログのアクセスが30止まり。」
「今はSNSの時代じゃないですか!だからブログは稼げないんですよ。」

というような相談は結構きたりします。

こういう相談を聞いていると最終的に

「やっぱりブログって色んな人が言うように稼げないのでは?」

という質問になったりします。

確かに色んなネット起業家達が、あれは稼げるこれは稼げない。
みたいなことを言っていてブログで稼いでいない人はそりゃ稼げない。

と言うでしょう。

確かに全ての人が簡単に稼げる。

とは言いません。

しかし、どの媒体を使っても稼ごうと思えば稼げるし稼げない人は稼げない。

ただ、それだけです。

つまり結論、、、ブログは稼げます。

ただ、そこにはブログで稼げない典型的な理由があるだけです。

そこでここでは、これまでウェブでブログに関する情報を発信し、ブログの塾などでクローズドで100人近く見てきましたが、代表的に稼げない要因は確かにいくかあります。

そこで、今回は実例を交えてよくある稼げない理由というのをシェアしていきます。

結構信憑性としては高いはずです。

ブログ運営開始前
最初の第一歩を踏み出せない。

まず、ブログをやるにしてもいきなり何も考えずブログをやるのではなくほとんどの人は「ブログって本当に稼げるの?」と調査する人がいます。

稼げる情報もある。
稼げないという情報もある。

これはどちらもあって当たり前ですね。

ここで多くの人は
「ブログが稼げるかどうか?」
で悩んでしまって手が動かない人が多い。

稼げるという確証を自分以外の外に求めている人は、たとえ始めたとしても大概の場合稼げないパターンが多いです。

実際、メール講座とかをやっていた時とかも

「ブログって本当に稼げるんですか?」
「●●のサイトでブログは稼げないと言われてますが稼げるんですか?」

みたいな質問が結構届いたりします。

そういう時に僕は毎回こう返信してました・・

「稼ぐのはブログではなく自分ですから。」

と。

そもそも
「ブログが稼げるかどうか?」
ではなく

「ブログで稼ぐためには何が重要なのか?」
「自分は何をしなくてはいけないのか?」
「そのために必要な壁を自分が超えられそうか?」

が大事なのです。

もちろん全てを知る必要はありません。

全て知ろうとして行動できないのも微妙です。

行動しながら学ぶくらいでいいので大枠を知っておけばオッケーです。

行動し始めたらどちらにしてもやらざるおえないことが出てくるだけなので。

そもそもブログに限らず稼いでいる人がいる。
ということは稼げるわけです。

特にブログには裏ざわなんてない。

ただ淡々と価値あるコンテンツを発信し続けるのみです。

大事なのは「自分二それをやるだけの決断が出来るか?」

であり、そもそも●●に稼がせてもらおう。

という他者依存的な考えは捨てないと何をやっても一緒です。

ある程度全体像を理解したらさっさと行動したほうがいいです・・どうせ失敗したとしても投資金額なんて大したことないですから。

✅ 確証ばかり得ようとして全く動かない。
✅ 全体像を理解すれば全てを先に知りたがる。
✅ できない理由を探してできる理由を探さない。

マインド・メンタル編
目標の立て方

「よし!俺はブログで稼ぐんだ!」
「絶対稼ぐ!目標はまずは5万円!」

というように大体の人は何かを始める時には目標を掲げて始めるのですがそれ自体は本当に素晴らしいことです。

中にはよく使われるスマートの法則などで目標を立てる真面目な方もいるはずです。

しかし、それでも大概の人は達成に至りません。

途中で諦めてしまったり萎えてしまったり・・
ちょっとした壁にぶち当たって凹んでしまったり・・

してしまうのです。

これはなぜ起こるのか?というと。

大概の場合は

目標を甘く見積もっている。

よく、ブログは3ヶ月やれば結果は出る!とか100記事書けば成果が出るみたいなことを間に受けてしまってそれを目標にしてしまってる人が多い。

目標に目を向けて障害に目を向けていない。

なぜか多くの人は目標だけ高く掲げてその目標を実現するために今の自分の何かを変えなければいけないことに目を向けません。

そのため、

・目標の倍の期間と行動・目標の結果は半分で見積もる
・ブログを始める前に障害をあるていど予測をする

ということをやっておきましょう。

特に障害は目標を立てるよりも達成確立に影響すると心理学でも言われていることなのでかならずやっておくことをオススメします。

これやらないと

障害が来た時に絶望し諦めやすくなるか?
稼げなかった事実を誰かのせいにしてしまいやめるか?

のどちらかになってしまいます。

ブログ運営開始直後
違うところにフォーカスを当てる

多分、ブログを始めた当初にほとんどの人はブログは基本的にコンテンツキングという様にコンテンツが重要だということを学ぶはずです。

他にも

・ワードプレスを使う
・高速化されたテンプレートを使う
・見出しやメタ情報の設定を行う

などなどの設定もやっておいたほうがいいですが・・。

そういった重要度の高い項目に時間を使うのはいいのですが・・

まだ、ブログで稼いでいないのに、デザインとか画像とかコーディングの方にフォーカスが当たってしまう人がいます。

カスタマイズをし始めるのです。

ブログで稼ごうと思っているのならば・・

これははっきり言って成果に繋がらない項目です。

もちろん!

そこからデザイナーとして活動したかったりプログラミングに興味を持ってフリーランスでやっていこう!

と思ってやりたいことが見つかるのならばいいのですが・・

そうでない限りは基本的にはお勧めできません。

基本的にブログは

ワードプレスやテーマなどでグーグルに認識されやすくしたら

コンテンツを書くことに徹底フォーカス

をしたほうがいいです。

なので、余計なことをするのならば良質なコンテンツを執筆をすることだけに徹底フォーカスしましょう。

余計なことをやればやるほど

コンテンツ

でない部分にフォーカスが当たってしまって「テンプレートが悪いからだ」「デザインが悪いからだ」みたいになってしまいます。

自分のコンテンツが微妙

だと思いたくない気持ちが自動的にうまれて外部のせいにしはじめてしまうので最低限の準備をしたらあとは書くだけにフォーカスを当てた方がいいです。

記事制作編
コンテンツを完成させるのを諦める。

僕が以前やっていた塾では、合間に塾生の記事を見ていたのですが、当然あるていど勉強しているのでキーワード選定やクエリの理解もできていてブログの記事の構成などもできていたりします。

中にはここができておらず
「やっつけ記事」
を書いている人もいるかもしれません。

それもブログで稼げない原因ですね。

しかし、塾生を見ていると明らかにユーザーに対して価値を提供しようとコンテンツを制作しようとするエネルギーが途中で切れる人がいます。

文章全体を読むと分かるのですが・・・

明らかに分量が少なくなったり
説明が雑になって適当にしてしまったり
最後の方になると文章が雑に成ったり

という人が結構いたりします。

そういう人に限ってアクセスはほとんど来ません。

実際に本人に聞いてもリサーチはしているとか、本気でやってますとは言っているのですが客観的に見て明らかに文章が雑になってしまっている部分があるのです。

気づいても

なぜかその記事をリライトしようとしません。

そのため、

あえて自分を客観的に見て自分の文章が他よりも価値があるものになっているのか?はたまた違う視点を提供できているのか?

は見直しより良くなるようにコンテンツの質をあげる。

癖はつけたほうがいいです。

グーグルさんは、記事のリライトが結構好きなので(2019年現在は特に好きでリライトをすると瞬間的に上位表示してくれ易いです。)

記事をたくさん書いて量をこなす。

ことも大事ですが、数だけに意識を向けるのではなく、自分が書いている質にも目を向けてください。

ただ記事を書けば上位表示されるなんてことはありません。

習慣化編
書き続けられない。

オンラインのみでブログ講座をやったことが数回あるのですが、その時は、最初はガッツリ記事を書いていた人が1週間、1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月となるたびに・・

やってなさそうな人が何人か出てきました。

「あれ?あの人はどこに?」

という感じで、実際にその人のブログを見てみると更新が止まっているというケースです。

何事もですが続けることは大事です。

でも、僕ら人間は習慣化してないことに関しては、なかなか取り組むことができないんですね。

だから、習慣化するスキル。

が大事になってきます。

よく言われているのが

3週間繰り返せば習慣化するというものですね。

この3週間続けるのが地獄の苦しみ。

とか言われていますが僕はそれほど苦しくなかったり塾生とかも結構ストレスなくやれてる人が比較的多かったです。

それはなぜか?

というと、

・すでに習慣化していることのついでに新しい習慣を付け加える(例:歯を磨いてから記事を書く)
・できなくても気にせずできた日だけをカレンダーにチェックしていく(続けていくことに意味を見出せるようになる)
・成長記録を書きさらなる小さな目標を立てる
(例:1記事2時間でかけた・2000文字かけた・・だから次は・・)

というようにすると結構普通に続けられます。

習慣を自分でデザインできるようになるとかなり強いです・・新しいチャレンジもしやすくなるのでブログで稼ぐとか稼げないよりも価値あることだと思うので当たり前に記事書けるようになるために習慣化はしましょう。

データ解析編
分析をしない。

100記事くらい記事を書くようになると、サーチコンソールやグーグルアナリティクスでいろんなデータが出てくるはずです。

これはグーグルからの通知表みたいなものですごい役立つのですが・・・

ここでアクセスが1日10とか1000目指してたのに100とか。

の人ももちろんいます。

続けることができても起こり得る話です。

グーグルアドセンス報酬:数百円
1日の平均アクセス数:100PV

もしあなたがこういう結果が出たらどうでしょう?

かなり萎えそうですね。

燃え尽き症候群になる人がいます。

大体の場合こういう時に言うセリフが

「こんなに頑張ったのに・・やったのに・・・無駄だった・・」

というのが結構多いです。

でも、ビジネスもブログもそうですが、努力をしたからとか頑張ったからというのは通用しません。

価値提供したからリターンがあるのです。

つまり成果がでなかった。

というのは

グーグルがユーザーに取って価値がない。

と判断をされてしまっているわけです。

だから諦めましょう。

ではありません。

実はここからが本当のスタートなのです。

データをみると本当にいろんなことがわかリマす。

タイトルのクリック率から順位の変動。
どのキーワードからの流入があるのか?
滞在時間はどれくらいか?

などなど、自分作ってきたコンテンツがグーグルにどう評価されていいるのか?が分かるのです。

例えばよくあるのが

狙ったワードではなく全く違ったワードで30位になっていた。

のならば

・そのワードで記事を書いてリライトする
・狙ったキーワードをタイトルの冒頭に持ってくる
・見出しにキーワードを少し入れられないか検討する

などの案が出てくると思います。

このようにデータを見ていると次どうすればもっと良くなるのかが見てくるはずです。

ライティングをもうちょっと学ぼう
信憑性をもうちょっとあげてみよう。

などなど、次の課題が見えてくるのです。

でも、なぜか多くの人がこの段階で燃え尽き症候群に陥ります。あと一歩なのにもかかわらずです。

目標は壁を超えてこそ実現できるもの。

だから、新たな壁が見えたら喜べるはずですよ。

収益可編
視点を変えない。

ブログをやっている人の中には、PVは集まってるけどアドセンス報酬やアフィリエイト報酬がないというひともいます。

結果が出ないときついですよね。

しかし、世の中にはたった100PVだけで月1万とかを稼ぐ強者がいたりするのです。

先ほどは1日100PVは少ない。

というニュアンスで言いましたが、逆に言えば・・

月間3000PVある。

とも言えるのです。

見方を変えれば実はここにチャンスがある可能性もあります。

実際、僕はコンサルとかしていて

既に利益をあげようとすればあげられる状態なのに
そのリソースを使いこなせていない人ってかなりいます。

また、

本当はちょっとイジれば売り上げ10倍になるのに。

というパターンも。

このような人はかなり多いので一度立ち止まって見方を変えてみるというのはやったほうがいいです。

自分的には失敗だった。

でも実は既にほぼほぼ成功への第一歩を踏み出していた。
本当は成功していた。

なんてことは本当に山ほどあります。

稼げないのではない・・・稼がないのだ。

結構きついことをあえて言いますがブログで稼げない理由はシンプルです。

稼げないのではなく稼がない。

ただそれだけです。

やるべきことをやっていればある程度の成果は出せるはずです。

確かに最近では大企業が上位表示されてきていると言われていて、それも事実としてあります。

でも、全然勝負はできます。

実際、僕も2度くらい順位は低下したことありますけど。

データ解析をしライバルを調査していたら改善策は出てくるものです。

ちょっとリライトしたら以前よりもアクセスがアップした。

ということは普通に起こります。

なので、自分次第で稼ぐことができるんだ。

という感覚を持っておいて下さい。

それさえあれば、たとえ今ブログを諦めたとしても、他のジャンルでは稼ぐこともできるようになるはずです。

またブログをリスタートだってできるはず。

なので、稼げないのではなく稼がないんだ!

という感覚はぜひ持っておいてください。

このマインド持っていればかなり高確率で稼げるようになるはずですよ。


最新情報をチェックしよう!