[日本語版]All in One SEO Packの設定方法と使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

WordPressを使ってSEOで検索上位を実現する上で、特に初心者にとって必須と言われているプラグインがこのAll in One SEO Packです。

ネーミングからしてSEO対策に特価したプラグインだというのはわかりますが、正に名に恥じぬプラグインです。

じゃあ、このプラグインの何が優れているの?

と思われるかもしれませんが、難しいことを言うのもなんですがこのプラグインでは・・

・検索ロボットに正確に情報を伝えるためのメタ情報を設定
・ソーシャルメディアの拡散を手助けしてくれる設定
・クローラーの巡回を即すためのXMLサイトマップの設定

という主に3つの設定をこの1つのプラグインで対応できるからです。

もちろん他にもありますが、それぞれ別のプラグインを導入しなければいけないところが1つでオッケー。

だけでなくかなり詳細まで設定することができます。

だからこそ、初心者は特に導入しておいたてほしいプラグイン。

ここでは、そんな必ず導入しておきたいAll in One SEO Packの最も効果的だと思える設定方法と使い方を図解で解説をしていきます。

一応、このブログでは意味までも解説していきますがそのまま簡単に設定できるように、ACTIONのボックス部分だけをそのままやってもらえれば設定することができるのでとりあえず設定ができればいいのならば赤ボックスの部分だけをご欄になってもらえればと思います。

それでは、ここでは最も重要な

・全体設定
・ソーシャルメディア・タグ設定
・XML Sitemapsの設定

の3つの設定方法を解説していきます。

 

1.一般設定

まず、このAll in One SEO Packを有効化をすると、左側の管理メニューにAll in one SEO の項目が追加されます。

この項目にカーソルを合わせると

・一般設定
・パフォーマンス
・機能管理

を選択ができます。

ここで、「一般設定」をクリックして全体の基本的な設定をしていきましょう。

この基本設定でできることは主に以下の9つの要素です。

1.全体の基本的な設定
2.トップ(HOME)ページのメタ設定
3.各ページのタイトルに関する設定
4.投稿時にカスタムをする設定
5.表示するページに関する設定
6.ウェブマスターツールの設定
7.Google+関連の設定
8.NOINDEXの設定
9.より詳細の設定
10.キーワード設定

意味不明な項目もありますが、ここで解説している通りにそのまま真似をしてもらえれば簡単に設定できるのでそのままやってください。

1-1.全体の基本的な設定

 

 

1-2.ホームページ設定

トップページのタイトルやメタキーワードやディスクリプションの設定をしていきます。この設定をするとWordPressのトップページは検索結果に表示されやすくなるのでトップページからの集客を狙うのならば必須です。

これは下記の「ホームページ設定」の部分で編集をしていきます。

各項目は以下を参考に設定をしていきましょう。

ホームタイトル(最大半角57文字)
名前が示すように、これはあなたのホームページのメタタイトルになります。これは、他のオプションとは無関係です。設定されていない場合は、([設定]の下の WordPress の一般的なサイトのタイトル)デフォルトのサイトのタイトルが使用されます。ブログタイトルの作り方に関しては、目的別!読者を魅了しファンを増やすブログタイトルの5種の作り方を見てもらえれば魅力的なブログタイトルの作り方に関して事例を交えて解説されているのでご覧になってください。

ホームディスクリプション(最大160文字)
ホームページのメタディスクリプションになります。設定しない場合、デフォルトではメタディスクリプションが完全に空になるのでタイトル同様設定をしなければならないわけではありません。ただ、注意が必要なのはブログタイトルなどで検索キーワードに引っかかるものを設定している場合は、キーワードを挿入したディスクリプションにすると効果的ではあります。

ホームキーワード (カンマ区切り)
ホームページにメタキーワードとして最も重要なキーワードをコンマで区切って入力します。狙ったキーワードがある場合は挿入し、ブログタイトルそのもので集客を狙う場合は、ブログタイトルをそのまま入力するといいでしょう。

代わりに固定フロントページを利用する
このオプションをチェックすると、固定フロントページのタイトル、ディスクリプション、キーワードが使用されます。
カスタマイズしたトップページを表示させたい場合以外はチェックをいれる必要はありません。

 

見てもらえればわかるように、この設定はトップページのタイトルやメタ設定をすることができます。既にWord Pressを運営している場合はコピペしてもらえればいいです。

 

1-2.タイトル設定

投稿記事だけでなく個別投稿やカテゴリなどでどのように表示をするのかを設定していきます。

最近ではGoogle側でタイトルを設定したりスマホだと短縮してくれるのですが、これでは思い通りの表示ができないため設定をしていきましょう。

 

まず、最初にタイトルを書き換えるの部分を有効にしてください。

タイトルを書き換える→有効を選択
有効にした場合、すべての固定ページ、投稿、カテゴリ、検索やアーカイブページタイトルがリライトすることができ表示形式を指定することができます。しかし無効にした場合、テンプレートによっては【記事タイトル+ブログタイトル】のように必要のない情報も入ってしまいかねませんので、ここでは有効を指定剃ることを推奨しています。

有効化を選択したら、項目が一気に増えるはずです。

上の画像を見てもらえばわかるように、これと言って難しいことではなく固定ページのタイトルフォーマットと投稿タイトルのフォーマットの「|%blog_title%」の部分を削除するだけです。

 

ACTION

①タイトルを書き換えるのラジオボタンを「有効」を選択する
②固定ページのタイトルフォーマットの「|%blog_title%」を削除
③投稿タイトルのフォーマットの「|%blog_title%」を削除

 

これだけはやっておいてください。

後の項目は任意で上位表示を狙っている項目についてはカットしておくといいでしょう。

 

1-3.カスタム投稿タイプ設定

カスタム投稿というのは、記事を投稿をする際や固定ページに投稿をする際に自動的にメタ情報やタイトルを設定するのではなく個別に1つずつSEOの設定をすることができるようにするかどうかを選択するかどうかを決めることができる設定です。

まずは、カスタム投稿用のSEOを「有効」にチェックをいれましょう。

このように設定をしておけば、主に使う投稿と固定ページのSEOで必要なSEOの設定をすることができるようになります。

もし、固定ページでは表示したくないものを扱うのならばチェックを外せばいいです。

上の画面で使用しているテンプレートでは、CTAとLPとコンタクトフォームがあるので項目に入っていますが、この場合はLPはいれてもいいかもしれません。

僕の場合は、WordPressでLPは作らないのでチェックしませんでしたが、基本的にこの設定でオッケーだと思います。

 

1-4.表示設定

では、続いて表示の設定をしていきましょう。これは先ほどのカスタム投稿タイプの設定でチェックをいれた項目にそのままチェックを入れるのが基本です。

ここにチェックをいれた項目は

・SEOタイトル
・SEOキーワード

そして、SEOで記述の列を表示する画面を表示する列を表示することができますので、先程と同じ設定ならば、投稿と固定ページにチェックをいれるのがベターです。

 

1-5.ウェブマスター認証

続いてウェブマスターツールの認証をしていきましょう。

これはウェブマスターツールから必要なタグをコピーしてくる必要があります。

もし、すでに他の方法でウェブマスターツールの認証が完了している場合は設定する必要はありませんのでスルーしてもらってもオッケーです。

もし、認証していない状態ならば、ウェブマスターツールの埋め込みタグをコピーすればオッケーです。

上の赤枠で囲ったがタグの、content=“◯◯◯◯”で囲まれた部分の半角英数字と記号の文字列を、以下のGoogleウェブマスターツールの欄にコピー&ペーストしましょう。

※ウェブマスターツールは、ウェブマスターツールでわかる!SEO評価を高める3つのアプローチの記事などでも解説していますが、他にも使い道が色々あってSEOを考えた運営には必ず導入しておきたいツールなので、登録や設定に関しを知るためにもGoogleの公式ヘルプを読んで使い方をある程度知っておいたほうがいいです。

 

1-6.Google設定

このGoogle設定では、GoogleアナリティクスとGoogle+の連携の設定ができます。Googleアナリティクスのほうを既に連携しているのならばGoogle+だけ連携するといいでしょう。

もし、Googleアカウントの登録やアナリティクス&Google+の登録をしていないのならこの部分は設定できないので先に登録を完了させてください。

1-6-1.Google+

Google+のページは後のSNSとの連動でも関連してくるので設定しておいたほうがいいです。検索結果にも表示されることがあるしSEOの評価にも無関係とは言い切れないので登録し設定することをオススメします。

1-6-2.Googleアナリティクス

そして、アナリティクスも紐付けをしていきましょう。先ほども言いましたがアナリティクスを既に設定されている場合は無視していいです。

やり方は簡単で、UAから始まるアナリティクスIDを入力するだけでオッケーです。

 

1-7.Noindex設定

Noindexというのは、検索エンジンにインデックスさせる必要はない(検索結果に表示させる必要はない)ということをGoogleのロボット側に指示をすることです。(必ずインデックスされないとは限らないですが)

インデックスを不要にすることでGoogleのロボットがあなたのサイト全体の無駄なページまで隅々までクロールする必要がなくなるのでページスピードが早いと認識されSEOの評価が微々たるものですが上がる傾向があります。

なので、基本的には

この設定で間違いないです。もちろんこれは人それぞれ違ってくるかもしれませんが、基本的に

・投稿
・固定ページ
・カテゴリ

は、表示させたいページだと考えられるのでそれ以外をNoindexとして設定をしています。それ以外のページはクローラーが余計なページにまで巡回をしなければいけなくなるので不必要としました。

カテゴリーはトップページから記事までに密接に紐付けられパンくずリストにも表示されるのでインデックスさせたほうがいいという考えだからです。

 

1-8.詳細設定

そしてより細かく高度な設定ができるのがこの詳細設定ですが、これはPHPヘッダーにどういう要素を追加するのかを設定できるのですが、基本的に使うことがないのでチェックをいれる必要はありません。

 

1-9.キーワード設定

そして、なぜか日本語版になったら一番下に表示がされるようになったキーワードの設定です。メタキーワードに関しての設定ができます。

僕はキーワードの欄にあれやこれやとキーワードを詰め込むことを推奨していないので、キーワードを使用にチェックをいれることを推奨しています。

もしタグをキーワードとして設定したいのならば「メタキーワードとしてタグを使う」にしておくのもいいでしょう。基本的にはキーワードを使用だけでそれ以外はチェックをする必要はありません。

このとおりに設定しておけば特に問題はありません。ただ、効率化を測りたかったりする場合、サイトの目的に応じて多少なりとも設定を変えたほうがいい場合もあるのでそこは任意で変更をしてください。

以上、設定が完了したら設定を更新ボタンをクリックして設定を完了さえてください。

 

これで一般設定は完了となりますのでこのとおりに実践してもらえればいいです。続いてソーシャル設定をしていきましょう。

 

2.ソーシャル設定

続いて設定をしていきたいのが、TwitterやFacebookなどのソーシャル系の設定です。WordPressとSNSは今や切っては切り離せないのでアカウントを持っていないのならば導入し設定をしていきましょう。

この設定をしておくことで、記事が更新されたと同時に各種SNSに更新の知らせを届けることができます。

それでは、

まず左管理メニューの「機能管理」をクリックしてソーシャルメディアの欄の「Deactivate」をクリックしてください。

すると、左メニューのAllinoneSEOPackの下部にソーシャルメディアという項目が増えますのでそれをクリックしてください。

するとソーシャルメディアの設定ができるようになります。

それぞれ設定の仕方を解説していきたいと思います。

2-1.ホームページ設定

SNSでウェブページがシェアをされる時にどのように表示をされるのかを決めることができるのがこのホームページの設定です。

やることはシンプルで一番上の項目にチェックをいれ、シェアされた時にどのような名前で紹介されたいのかの名前を入力し画像を設定をするだけです。

基本的にはそのままサイト名を入力しサイト名のはいった画像を設定するのがベターです。

2-2.画像設定

あなたの記事などがシェアされた時にデフォルト(設定しない状態だと)どの画像を表示するのかを設定していきます。

SNSと連動して投稿をする際には、どの画像を使うのかを設定することができるのですが、設定を忘れてしまった際には思いもしない画像(基本的に一番最初に表示される画像)が表示されることもありますので、設定しておくといいかもしれません。

 

2-3.ソーシャルプロフィール

ソーシャルプロフィールは、各SNSのプロフィールに誘導するURLを設定することができます。

 

2-4.Facebook設定

あなたの記事がシェアされた時にFaceBookで画像や文章をどのように表示するのかを設定することができます。

投稿の内容がSNSでシェアされた際にこの設定が未設定だと意味不明に乱雑に画像と説明文が表示されてしまいます。

適切に表示をするためにもこのFacebookの設定をしておきましょう。

管理者IDとアプリIDを見つける方法は下記をご覧になってください。

 

2-5.Twitter設定

先程のFacebookとは違い、Twitteでシェアされた際には普通のツイートとしてシェアされるのですが、AllinoneSEOで設定をするとTwitterカードとしてもっと大々的に意図したテキストと画像でシェアされるようになります。

この指定を行うために下記ののように設定をすればいいです。

デフォルトTwitterカードは下記の3種類ありますのでどれかいいものを選択するといいでしょう。

 

個人的に推奨するのは、説明文と大きな画像です。これは記事毎にも設定することができるのですがまずは1つ選択をすることをオススメします。

TwitterIDはそのまま入力してもらってもいいですが、指定した説明文と画像を表示するためには検証ツールによってサイトを申請する必要があるので検証ツールにアクセスしてください。

 

2-6.詳細設定

最後に、より高度な細かい設定をしたい場合の設定がありますが、これは基本的には全てチェックしなくてもいいかなと思います。

AllinoneSEOでこのソーシャル設定をしておけば特にこまることはないでしょう。

以上がソーシャル設定です。あとは各記事毎に設定をしていけばいいでしょう。

 

3.XMLサイトマップ設定

それでは、最後のXMLサイトマップの設定をしていきたいと思います。

XMLサイトマップは、Goole XML Sitemapsプラグインの5つの設定方法の記事でも解説しているように、サイト全体にクローラーの巡回を促してくれる非常に重要な設定です。

GoogleXML Sitemapプラグインを導入するのが最もベターですがAllinoneSEOpackでも同程度の効果が見られサイトマップの形式とガイドラインに沿って詳細な設定も可能なので安心して使えます。

プラグインは出来る限り導入を減らしたほうがいいので、1つのプラグインで済むのならばそれに越したことはありません。

早速XMLSitemapの設定の方法を解説していきましょう。

では、まず先程のソーシャル設定と同じくまず左管理メニューの「機能管理」をクリックしてXMLサイトマップの欄の「Deactivate」をクリックしてください。

 

すると、左管理画面のAllinoneSEOの下部にXMLサイトマップの項目が追加されますのでクリックをして設定画面に移動しましょう。

 

3-1.XMLサイトマップの設定

では、まず最初にXMLサイトマップの基本設定をしていきましょう。

 

上のとおりに設定をしておけば間違いないです。一番上の「」の項目はデフォルトの”sitemap“のままでいいです。

 

サイトマップインデックスを有効化はチェック。

投稿タイプは

投稿
固定ページ

にチェックを入れましょう。(タグはサイトマップを送信をするとクローラーがタグにまで巡回する可能性があるのでやめておいたほうがいいです。)

その後は、デフォルトのままでいいので、スクロールをして「サイトマップの更新」ボタンをおしましょう。

主な設定はこれで以上です。

これだけの設定をやっておけばSEOの基本的な設定ができるようになっているはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment form

*